ミシガン州、自動車の事故をシミュレーションする取り組みを開始

SHARE:

8102934021_6762424e74_z

Image AJ Batac on Flickr

<ピックアップ>Michigan’s Simulated City Will Test Car Crash Situations

米国ミシガン州で、車の事故運転のシミュレーションをする取り組みが行われているようです。最近は、車関連のニュースが多い印象ですね。事故を減らすようにするために、どんな都市設計が必要か、ということは、車のみならず大きなテーマになってきますね。

先日、自動運転技術を開発しているZMPの資金調達の記事を書いたように、自動運転の未来や、渋滞や事故がなくなる未来が来るかもしれません。

震災の際にGoogleとホンダが協力してリアルタイムに道路状況を可視化する取り組みがあったりと、都市のあり方や私たちの移動を変えるようなビジネスの可能性はまだまだ秘めているように思えます。

個人の運転状況も、車載データから取得できるようになると、よパーソナライズ化した自動車保険ができるかもしれません。車というハードウェアの視点から、車というハードウェアに入れるソフトウェアの視点で考えると、新たな発見があるかもしれません。

via Goverment Technology 【Google翻訳で読む】

----------[AD]----------