太陽光で充電、iBeaconを活用し置き忘れを防止するサングラス「Tzukuri」

SHARE:


tzukuri-600x271

オーストラリアの会社、Tzukuriがサングラスの置き忘れ防止を目的としたサングラスを開発した。iBeaconを活用することで、一定距離以上サングラスから離れるとiPhoneにアラートを出すことできる。

「Tzukuri」はサングラスのテンプル部分にBluetoothチップが埋め込まれている。サングラスとiPhoneを一度接続すると、専用のアプリがデバイス間の距離を認識。約5m離れた時点でiPhone上にアラートを表示する。アラートを放置すると、5m離れる度に再度アラートがでる仕組み。

neverlose2-d66d725850970bdd5e086b1a1b4adc27

このアラート機能は、サングラスをかけた状態でiPhoneから離れた場合にも動作する。サングラスが離れている状態をスマートフォンのアプリが感知し、iPhoneから音を鳴らす。GPSのデータから、アプリはユーザの位置情報を読み取る。

これによりアプリはユーザが今どこにいるのかを学習するため、オフィスなどユーザがサングラスから離れることがある状況では反応しない。

通信に必要な電力供給はサングラスに内蔵されたBluetoothチップについている極小の太陽電池から行われる。充電が必要になった場合はiPhone上に「1時間ほどサングラスに太陽光を浴びせるように」と通知してくれる。

「Tzukuri」のフレームは、メガネの製造で有名な土地、福井県鯖江市の職人の技術を使って作られている。サングラスは全部で6種。価格は250ドル、今年の12月ごろの発売を予定している。

----------[AD]----------