公開20日で約2万ダウンロード達成、20万対戦を突破した「Brain Wars」

SHARE:

スライド11

トランスリミットの提供するリアルタイムの対戦型脳トレゲーム「Brain Wars」が20日間で約2万ダウンロードを突破した。今日開催されているMOVIDA JAPANのDemoDayでトランスリミット代表取締役の高場大樹氏が壇上で明らかにしたもの。

Brain Warsは15秒間に繰り広げられる「脳トレ」ゲームをリアルタイムに友人と対戦することができるアプリ。言葉が不要なカジュアルゲームのため、国を気にせず海外ユーザーとの対戦を楽しめるという点と、リアルタイムに対戦相手が見つからない場合に「ゴースト」と呼ばれる、ユーザーのゲーム履歴との対戦を実現した点が特徴になっている。

iOS版が5月14日にリリースされ、Android版も夏頃に公開が予定されている。

スライド16

高場氏によると、iOS版のみの公開から約今日時点で20日経過して、15カ国のユーザーから約2万ダウンロードを達成しており、累計の対戦数は既に20万を超えているという。

私も実はBrain Warsのファンで、本当にちょっとした合間(地下鉄の駅と駅の間など)の数分の時間を上手く潰してくれる。普段はテスト以外あまりゲームをしないのだが、この短さがやけに気に入っている。

<参考記事> トランスリミットが対戦型クイズアプリ「BrainWars」をローンチ、改善されたUIに垣間見える本気度

高場氏と共同創業者の工藤琢磨氏はサイバーエージェントのグループ企業でAmeba Pico(2012年に終了、アメーバピグの海外版)やガールフレンド(仮)などのゲームの開発プロジェクトに関わっていた人物。

IMGP9355

トランスリミットの創業は2014年1月。Movida Japan の第5期インキュベーション・プログラムに参加し、2月にGenuine StartupsとSkyland Venturesから1000万円のシード資金を調達、その後、4月にEast Venturesからも資金調達を実施している。

<参考記事> トランスリミットがGenuine StartupsとSkyland Venturesから1,000万円を調達、対戦型クイズアプリ「BrainWars」をローンチへ

----------[AD]----------