「馬肉屋ロッキー」の元店長がクラウドファンディングを最大限活用した店舗づくりをスタート

SHARE:

detail_326_re9M6A2583

<ピックアップ>日本一の馬肉専門店で、石釜で焼いた最高のローストホースを食べさせたい! - Makuake(マクアケ)

渋谷に「馬肉屋ロッキー」という馬肉屋さんがあります。客足が芳しくなかった頃にブログ等で取り上げられ、IT企業が多い渋谷では有名なお店となり、予約をとるのも大変になったというお店。

訪れた人はその料理を写真にとってネットでシェアし、友人を連れて再訪するなど、オンラインとオフライン双方の口コミで一躍人気となった店舗なのですが、先日店長が卒業するとのことでこれまた話題となっていました。

detail_326_re9M6A2687

なんで馬肉の話を書いているのかというと、「馬肉屋ロッキー」の店長であった平山峰吉さんが次にスタートしたのが、「Makuake」でのユニークなクラウドファンディングプロジェクトだからなんです。

uma

これは東京に最高の馬肉を扱う高級馬肉専門店を出店しようというプロジェクトで、馬肉を焼く際に使用する石窯に必要になる資金を集めています。今年の10月ごろのオープンを予定しており、オープン後1年間は広告等を一切出さず、店舗情報も非公開にし、このプロジェクトを支援したメンバーのみに店舗の場所や電話番号等を知らせる予定となっているそうです。

資金調達だけではなく、運営形態もここまでクラウドファンディングに合わせていくというのは非常にユニーク。すでにファンを獲得している平山さんであれば、こうした取り組み方でも十分に成功する可能性があります。その後の運営まで視野に入れたクラウドファンディングのプロジェクトがどうなるのか、とても気になりますね。