MailboxのMacクライアントがついに公開、ベータテスト開始中

SHARE:

35qx-cnwmrop4d1p0tdgwtasnd2vefaehi09plls2j0

<ピックアップ> Dropbox puts out Mailbox for Mac in public beta

メールは死んだ!これからはslackだ!という威勢の良いタイトルで先日記事を掲載した手前、「イヤッホウ!MailboxのMacクライアントが出たぜ!」とは言いづらい雰囲気なのは間違いありませんが、正直に申し上げますと大変嬉しいです。待ってました。

<参考記事> メールを殺すツール、それはslackだ

slackの記事を読んだ方の反応に「いやそれ社内メッセージでしょ」という鋭く冷淡なご指摘がありましたが、まさしくそうです。私も後半には少し書いておりましたが、slackは外部とのメッセージのやりとり、つまり「メールアドレス」の再開発はまだできていません。

簡単に言えば、slackに登録されていない外部の方からの連絡手段がないわけですね。ということでスパムまみれのメールを漁る作業から完全に逃れることはできず、適当なツールはまだまだニーズがある状況だった、というわけです。

さておき、Mailboxは元々iOS/Androidなどのスマートフォン向けOSに最適化されたメールクライアントで、基本的にGmailとの同期サービスです。スワイプでアーカイブなどのラベルが付けられる処理のしやすさが特徴で、今回公開されたのはMacクライアント版。β版のダウンロードはこちらから可能ですが、テストに参加するためにはbetacoinというものを入手する必要があります。(下図参照)

Mailbox

私はまだコインを手に入れられていないので、使い勝手がどうかは試せていませんが、スクリーンショットをみる限り、iOS版をそのまま展開したような形ですので、期待が持てます。

via VentureBeat

----------[AD]----------