Xiaomi(小米)がYouku(優酷)に出資、コンテンツを強化

SHARE:

xiaomi-mi4-front

スマートフォンメーカーのXiaomi(小米)が、中国のビデオポータルサイトYouku Tudou(優酷・土豆)に出資する予定だ。米ドルでの額と出資の規模はまだ公表されていないが、同社によれば公開市場での取引となるようだ。

Xiaomiは先週、10億米ドルを投じてビデオコンテンツを強化することを明らかにした。Youkuとの取引は、中国の2つのテック企業が共同でオンライン映画やテレビ番組の制作と配信に資金を提供するというものである。

Xiaomiは携帯電話のほかに、人気のあるセットトップボックスやスマートテレビも製造している。

価格を抑えるため、Xiaomiは機器を原価で、もしくはほぼ原価の水準で販売している。その埋め合わせとして、同社はMIUIオペレーティングシステム上のアプリやメディアを活用して収益を上げる戦略を立てている。Youkuはライセンス付与されたビデオコンテンツを幅広く所有しており、同社の取り組みに確実に生かされることになる。

この戦略は今のところ功を奏しているようだ。Wall Street Journalが入手したある漏洩文書によると、Xiaomiの純利益は昨年84%増加して5億6600万米ドルになり、今年は75%増加すると予想されている。

Youkuの報告によると、月間アクティブユーザ数は5億、1日に視聴されているビデオの数は8億本である。使用時間の面で同社のアプリは中国で2番目に人気がある。MIUIには8500万のアクティブユーザがいる。

取引内容が分かり次第、記事を更新する予定だ。お楽しみに。

【原文】

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------