創業会社を2億ドルで売却したファウンダーが語るスタートアップへのシンプルなアドバイス

SHARE:
Good Advice for Hard Times
image via. Flickr

<Pick Up> A guy who sold his startup for 200 million has simple advice for founders

スタートアップが失敗する理由については、プロダクトフィットの問題だったり、キャッシュが底をついたことだったり色々あると言われてる。でも、Business Insiderは、その中でも最も多い理由は、単純に「ファウンダーがギブアップしたから」と指摘する。

2億ドル(約240億円)で、Bleacher ReportをTurnerに売却した実績を持つBryan Goldbergさん。今は、Bustleという女性向けメディアを運営していて、スタートから1年で月間読者1,100万人を獲得していて順調。

そんな彼からの、スタートアップへのアドバイスは「ただ生き延びろ」と至ってシンプル。スタートアップ、その中でもメディア運営で勝つためには、「あきらめないこと」に尽きる、と。1つ前のスタートアップも、イベントなどで出会った人に「君たちのこと、知ってるよ」と言われるまでに5年かかったそう。

Y Combinatorの創設者であるPaul Grahamもまた、スタートアップが失敗するのは創業者が自ら選ぶ決断だと指摘してる。スタートアップを続けることもできるけれど、そうしたくないに過ぎないだけ。彼は、この精神力のことをゴキブリに例えて、「死んでたまるか!の精神」(”refusing-t0-die mentality being a cockroach”)と呼んでるらしい。

via. Business Insider

----------[AD]----------