Altos Venturesが、韓国の映像メッセンジャー・スタートアップHyperconnectに200万ドルを出資

SHARE:

hyperconnect_featuredimage

アメリカ・シリコンバレーの Altos Ventures は、リアルタイム映像通信技術を開発し、映像メッセンジャー・アプリ Azar を提供する Hyperconnect に200万ドルを投資したと明らかにした。

Hyperconnectは、ウェブ標準の WebRTC に基づいた、リアルタイム映像・音声通信のための、独自のクライアント・サーバ・テクノロジー・スタックを保有しており、全世界200カ国以上のさまざまな通信環境で、安定して高品質のビデオ通話を実現している。 また、既存の有名なモバイルメッセンジャーのビデオ通話と比較して、電池の消耗はが少なく、品質が優れている。この技術は、P2Pベースの運用コストを安くし、さまざまな分野で広く活用されることが期待されている。

Azar は、新しい友達を作り、ビデオ通話をすることができるモバイルメッセンジャーとして、リリース以来、全世界で1,200万ダウンロードを記録して急速に成長している。現在までに韓国国外から数億円の売上を上げたことが分かった。東南アジア、ラテンアメリカ、中東、トルコなどの新興市場で口コミで人気を集めており、新しい外国人の友達に会いビデオ通話をしたい相手の国、性別なども選択することができ、韓国でも Azar を使って外国語を学びたいユーザーが増える傾向にある。

Hyperconnect は、ソウル大学の創業サークルの元会長出身で複数回の創業経験を持つアン・サンイル(안상일)氏、ソウル大学コンピューター工学科出身のジョン・ガンシク(정강식)氏、ポハン工科大学コンピュータ工学科出身のヨン・ヒョンテク(용현택)氏の3人が共同創業した会社で、彼らは大学生の頃から十年以上の親交を深め、意気投合して今年の3月に会社を創業した。

HyperConnect で代表を務めるアン・サンイル氏は、次のようにコメントしている。

スマートフォンが高度化し、モバイルネットワークのコストが減少し、将来のコミュニケーションは、テキストや音声よりも映像が多く使われるようになるだろう。当社が保有する低コスト、高品質の映像通信技術は Hyperconnect 社会に寄与するだろう。

一方、Altos Ventures 代表のハン・キム氏は、次のようにコメントしている。

優れた開発力を備えたチームが、しっかりとした企画力まで兼ね備えするのは容易ではないが、Hyperconnect は、そのようなチームだった。彼らに出会い、チームをさらに信頼性の高い、そして可能性のあるものを一緒に作って行きたいと思った。

【原文】

【via BeSuccess】@beSUCCESSdotcom