2014年にブートストラップしたインドネシアのスタートアップ10選

SHARE:

Bootstrapping-720x478

インドネシアのテック業界にとって、2014年は重要な年となった。Tech in Asia誌面は、大統領選挙の公開オンライン開票を行なうKawal Pemiluによる大統領選挙をジャカルタのハッカーたちが守ったという進行中のスクープに加え、ソフトバンクとSequoia CapitalによるTokopediaへの記録的な投資に関するニュースで溢れた。

一方、政府は地方大学のカリキュラムから情報科学系の学科を排除し(今は戻されたが)、Vimeo、Imgur、Redditといったサイトをブロックした。ローカルメディアのKapanLagiとFimelaは合併を行いインドネシア最大のオンラインメディアネットワークを形成した一方、インドネシアBakrie Groupはシリコンバレー拠点のソーシャルネットワークPathに2500万米ドル投資した。

しかし、今年毎日にように繰り出されていたブートストラップスタートアップについてはどうだろう?それらはただ生み出されたのではなく、むしろ2014年に急成長を遂げたといっても過言ではない。今回は、インドネシアで大きなトラクションを得た/クールなアイデアであったブートストラップスタートアップ10社を紹介しよう。

Hipwee

hipwee-website
Hipweeはインドネシアのソーシャルニュースサイトで、インドネシア諸島の都市に暮らす若い世代に向けた様々な記事を提供している。BuzzFeed同様Hipeeのコンテンツはエンターテイメント、人間関係、旅行、感動的な話題で構成され、そのほとんどは画像やGIFが添付されている。Hipweeの設立者Lauri Lahi氏によると、毎月330万以上のページビューと100万を超えるユニークビジターを誇るという。Hipweeは4月にローンチしたが、私たちが知る限りではまだマネタイズしていない。

Mahoni

mahoni-cover-680x252
Mahoniはスラバヤを拠点としたモバイルアプリ開発企業で、東南アジアで最も高価なデジタル法テキストライブラリーThemis Readerを開発している。同社は7年前から存在しているのだが、今のところベンチャーキャピタルファンドについてはまだ何も明らかにされていない。同社はeリーダーアプリや製品の多様性で知られており、 Mahoniの設立者Ginting Sadtyono氏によると、同社のBuku Sekolah Elektronik(電子教科書)アプリはインドネシアで5000万人のユーザがいるという。

RumahDijual

rumahdijual-website
RumahDijualはインドネシア主要都市の資産、家屋、土地、アパートを扱う不動産業者やマイホーム所有者向けのウェブサイトだ。4月時点で、SimilarWebの推測ではRumahDijualのサイトは1日当たり100万近いビジターがあったとされ、その数は競合するRumah123Rumah.com以上に著しいものだった。翌月、RumahDijualは190万超のビジター、90万ユニークビジター、1150万ページビューを記録した。同社は広告でマネタイズしており、設立者のYohanes Aristianto氏は、サイトのトラフィックはSEOに効果的なドメイン名(RumahDijualは「売家」の意)によるものだと考えている。

Oomph

Screenshot-2014-10-07-18.53
OomphはGoogle PlayやAppleのApp Storeのようなインドネシアのモバイルコンテンツ配信業者である。主な違いは、Oomphがインドネシアマーケット向けにローカライズされている点だ。企業としてはすでに3年目を迎えているが、現在も知名度が低いままだ。Oomphの設立者Stanley Tan氏が言うには、Oomphはインドネシアですでに450万人以上の登録ユーザがいるそうだ。彼によれば、Oomphは1日あたり1万人以上の新規ユーザを獲得しており、来年末までに1000万人に到達する見込みである。Oomphはダウンロード課金でマネタイズしているが、近いうちにストアに広告を取り入れる可能性もある。

Zenius

Head-Pict-of-Zenius-Education2-720x408
Zeniusはインドネシアの小中学生向けにビデオコンテンツや練習問題を提供するオンライン学習サイトだ。Zeniusは国内唯一の教育テック企業としてだけではなく、9万以上のマンスリーユーザ数でも好調だと言える。同社は2007年初期から紆余曲折を経ており、それゆえ開発に十分な時間を費やすことができた。Zeniusは2万以上の教育ビデオのアーカイブを構築し、インドネシア人向けの英語学習サイトをローンチした。近年、同社は50万米ドル近くの年間収益を上げている

Jualo

Screenshot-2014-09-18-16.10
Jualoは2014年1月にローンチされたインドネシアのeコマースビジネスで、インドネシアのOLXなどとの競争を繰り広げている。同サイトでは、ユーザはビルトインのGeoSearchツールを使うことで近くでセール価格で販売されている商品を探し出すことができる。Jualoの設立者兼CEOのChaim Fetter氏によると、8月には100万近くのビジターを獲得、4万もの出品、500万米ドルの売上があったという。Fetter氏はインドネシアはまだ現地eコマースという名の氷山の一角しか目にしていない、と考えている。

PlazaKamera

PlazaKamera-720x363
PlazaKameraはインドネシアのeコマースサイトで、スタジオ用フラッシュ、三脚、自撮り用スティックなどを含むカメラ関連の商品全般を取り扱っているが、予想に反してカメラそのものは扱っていない。同じくスラバヤに拠点を置く同スタートアップは、5万~6万のマンスリービジターを誇るそのカスタマーベースから、すでに8万1000米ドルもの月次収益を計上しているという。同サイトの設立者でありCEOのRico Satria Chandra氏によると、このビジターのうち40%がリピーターで60%が新規だそうだ。

JalanTikus

jalantikus-website
JalanTikusは3つの主要ダウンロードカテゴリからなるウェブサイトだ。デスクトップPC向けアプリ、Android向けゲーム、そしてアプリ関連のリーダブルコンテンツだ。全てのダウンロードコンテンツはフリーウェア、オープンソース、そしてシェアウェアとしてライセンスが適用されている。これらコンテンツは全て合法であり、ダウンロードは無料だ。Tech in Asiaの最新データによると、JalanTikusは2012年6月のローンチから現在までにすでに1000万以上のダウンロード数を記録しており、600万以上のユニークユーザ数を誇るという。同サイトのマンスリーページビューは130万で、すでに50万~100万人ものマンスリーアクティブユーザを獲得していると設立者のWeihan Liew氏は述べている。

1CAK

1cak-website-720x357
1CAKはバンドンに拠点を置くインドネシアのお笑いサイトで、9gagとよく似ており、インドネシア向けに特化した馬鹿げたジョークやミームを提供している。2月、設立者のAji Ramadhan氏は、同サイトには56万のユニークビジターと1ヶ月あたり900万ページビューがあると述べた。また1CAKは収益を出しており、現在はGoogleアドセンスのみで運営されていると付け加えた。

Nonton

nonton
Nontonはインドネシア人が動画コンテンツを視聴したりアップロードしたりできるサイトで、YouTubeとよく似ている。同サイトは2013年10月からサービスを開始し、1年後の現在、約4万5000本の動画が視聴可能である。Nontonは1月から宣伝を開始して以来、1日平均7万人以上のビジターと30万回以上のページビューを集めた。同サイトでは4万人を超える登録ユーザが1日5万本以上の動画を視聴している。Nontonはインストリーム動画広告とウェブサイトのバナー広告で収益獲得を目指している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia
【原文】