ソーシャル暗記帳アプリ「zuknow」が一斉テスト機能を公開、学習継続性の向上を図る

SHARE:

zuknow

ビズリーチが提供している暗記帳アプリ「zuknow(ズノウ)」は、本日、全国のユーザが参加できる「一斉テスト」機能を公開した。zuknowは、今年の1月にサービスをリリース、約1年が経過した12月時点で累計 20 万ダウンロードを突破している。

zuknow は今年の8月にリニューアルを実施。単語帳機能に加えて、友人と競い合うソーシャル機能を追加したところ、その後3カ月でアクティブユーザ数が8倍に成長したという。

<関連記事>

新たな競争要素「一斉テスト」

勉強に関連するサービスがどれも抱えているのはいかにしてユーザに勉強を継続してもらうかだ。長期的に目標を設定し、それに向かい続けることはモチベーションの維持に苦労するし、だからと言って自分で短期的な目標を設定することも難しい。

zuknowは全国のユーザが同じ条件で競い合う「一斉テスト」機能を追加することでこの課題をクリアしようとしている。テストが開催されることで、ユーザはそのテストに向けて短期的な目標を設定しやすくなる。zuknowは短期的な勉強目標をテストを課すことによって提供し、ユーザの学習継続を促す狙いだ。

zuknow_entry_001-e1418367990388 zuknow_ranking_02-e1418368350919

一斉テストのエントリー受け付けが開始されると、zuknow ユーザにはプッシュ通知が送信される。学校でのテストのように、出題範囲や開催日時が決まっており、事前にテスト勉強が可能。

テスト日時が訪れると、テストにエントリーしているユーザは制限時間内に同じ条件でテストを受ける。テストが終了すると、点数のランキングが発表される。ユーザは自分の点数が全国のユーザのなかで何位なのか把握でき、10 位までに入賞したユーザーは、zuknow が特別に表彰するという。

ソーシャル機能を追加して数字を大きく伸ばしたzuknowが、今回の新機能の追加によって、どれだけ数字を伸ばすのかに注目したい。

----------[AD]----------