ハイキャリア女性のための転職支援サービス「LiB」の社外CTOに元gumiの堀内 康弘氏が就任

SHARE:
LiB-CTO
LiBの社外CTOの堀内 康弘氏(中央)、代表取締役の松本洋介氏(右)、米山諒氏(左)

「頑張ってきたあなただから選べる選択肢がある」というキャッチコピーのもと、今年5月にベータ版としてリリースされた、ハイキャリア女性のための転職サービス「LiB(リブ)」。年齢やライフイベントに合わせた正規雇用の働き方を、女性ならではの多様な状況を熟知したキャリアコンサルタントやヘッドハンターが提案してくれます。リリース当初1,600人だった会員数は、現在では約1万人に。

LiBは、来年1月28日に、現在のベータ版を正式サービスにリニューアルする予定。人材エージェントとのマッチングサービスという既存の形に加えて、企業から直接採用ができる形へと移行します。その正式版公開に向けた開発体制強化のため、社外CTOに、元gumiの堀内 康弘氏が就任したことを発表しました。新体制のもと、インフラ開発や開発体制の強化に取り組み、複雑化する企業の採用ニーズのマッチングを解決するための高い技術課題に挑戦していきます。

今回、堀内氏のLiBへの参画を可能にしたのは、「LiB メンバーシップオプション」。他社在籍中の社員や企業経営者、また海外在住者やフリーランスでも、現職を辞めずにLiBへの雇用を可能にする制度です。女性の柔軟な働き方を支援する LiB という会社自体が、優秀な人材が柔軟に働ける形を実践しており、チーフデザイナーやエンジニアなど、様々なメンバーによって活用されていると言います。

2015年1月8日(木)には、堀内氏と、開発取締役の米山諒氏が、急成長スタートアップにおけるCTO経験のリアル話などを対談するトークイベントを開催。エンジニアのキャリアの作り方についてヒントを得る機会になりそうです。また LiB では、新たな開発体制のもと、共にLiBを作ってくれるエンジニアを募集中

女性の多様な働き方を応援し、縮小する日本の労働人口という課題解決に対して、テクノロジー企業であるLiBがどんな変化をもたらしてくれるのか。新たに強力な人員をたずさえたLiBチームの挑戦を見守りたいと思います。

----------[AD]----------