「目指すは初音ミクのような新しい音楽のムーブメント」ー身体を使って直感的に演奏ができるしくみデザインの「KAGURA」がリリース

SHARE:
デモンストレーションを行う、しくみデザイン代表の中村俊介氏
デモンストレーションを行う、しくみデザイン代表の中村俊介氏

1月14日、しくみデザインは次世代楽器「KAGURA」をアプリとして世界同時リリースを行った。KAGURAは、距離認識やジェスチャー認識などをもとに、直感的な操作をもとに身体を動かすだけで楽器演奏を行うアプリとなっている。

しくみデザインが開発した「KAGURA」は、Intel® Perceptual Computing Challenge 2013でグランプリに選ばれ、リアルタイムの奥行き認識機能を搭載したIntel®RealSense™3Dのもとで稼働するアプリとして今回リリースした。2014年に公開されたIntel®RealSense™3DはすでにLenovoやAcerなどのパソコンで導入されており、これらのパソコン上で動作できる。楽器を鳴らす部分は2Dの画像解析で行っているため、ジェスチャー認識はできないが演奏することはできる。まずは、Windows端末用アプリとしてダウンロード可能だ。

今回のリリースに先駆け、プロモーションビデオも公開されている。映像は、同じく福岡を拠点にしているKOO-KIが映像制作に携わっている。

1月13日に行われた「KAGURA」リリース発表会で、しくみデザイン代表の中村俊介氏からKAGURAのデモンストレーションが行われた。リリースにあわせてKAGURA自体もブラッシュアップを行い、操作画面のリニューアルや5種類のサウンドセットをプリセットしインストール直後から演奏できるようにし、録画機能によって30秒ほどの演奏の様子をYouTubeなどに投稿する機能など、一般向けに利用できるために一からサービスの再開発も行った。

もともと、インタラクティブデザインをもとにした映像表現やデジタルサイネージを制作してきたしくみデザインは、これまでKAGURAをもとにさまざまなライブイベントなどでデモンストレーションを行ったり、DJやVJ、ボイスパーカッションのパフォーマーたちとコラボレーションを行ったりしてきた。

「DJやVJの人たちにKAGURAを渡すと、楽器が演奏できない僕とは全然違い、多様な楽器をうまく使った演奏をしていて、さすがプロだなと実感することは多いです。他にも、自らの声だけで演奏するヒューマンビートボクサーのような人たちにとっても、新しい表現手段の一つとして好評をいただいています。今までとは全く違った新しい楽器の概念として、プロの方々にも通じるものだと実感していますし、子供たちにとっても身体で遊べるものとして楽しんでもらっています。まずは、プロのミュージシャンなど尖った人たちから、KAGURAのさまざまな可能性を一緒に追求していきながら、音楽のあり方を拡張していきたいですね」

身体で演奏するという新しい表現方法を浸透させるためにも、KAGURAは無料でアプリをダウンロードすることができる。その後、新しいサウンドセットやプロ向けのツールキットなどを通じてマネタイズが図れるのでは、と構想しているという。

「KAGURAで演奏したものを投稿してユーザ同士で交流を図るプラットフォームのようなものなども考えられますね。色々な方向性が考えられる中で、まずはユーザと一緒に音楽を楽しみながら作っていきたいですね」

KAGURAというツールを使い、ユーザー自身の手によって今までにない新しい音楽表現が生み出すということは、ここから次世代のミュージシャンやパフォーマーが生まれるかもしれない。「一つの目指す形として、クリプトン・フューチャー・メディアの初音ミクのように、誰もが音楽を楽しみ、そこから新しい表現が生まれてくるようなムーブメントになれたら」と、中村氏は語る。

KAGURAを通じた新しいムーブメントの可能性に期待したい。KAGURAのダウンロードは、こちらから。

----------[AD]----------