グローバル投資家が注目すべき、金融テックの8つの新興分野

Jason W. Best氏はCrowdfund Capital Advisorsの共同経営者だ。同社はプロ投資家、政府、イノベーター、そして金融機関向けに戦略および投資顧問業務を提供している。Jason氏とCCA(Crowdfund Capital Advisors)の社長であるSherwood Neiss氏は、JOBS Act 第三章に用いられている規制の枠組みの考案者として認められており、現在では30ヶ国で金融テクノロジーと資本へのアクセス改善に組んでいる。Jason氏はまた、『The World Bank’s Research on Crowdfunding』および『Crowdfund Investing for Dummies』の共著者でもある。@CrowdCapAdvisorから彼のTwitterへのフォローが可能だ。

fintech-1

今日、JOBS Act や世界中で起こっているその他の規制変更が背景となり、個人資産市場におけるイノベーションに対する関心の高まりを目の当たりにしている。公認投資家のオンラインプラットフォームのために作り出されているテクノロジーとそれらに関するサービスは、より大きな取引の流れ、透明性、そして超過時間、流動性をもたらしている。

しかしこれらの金融テクノロジー(フィンテック)の活用方法について、アメリカ市場のみに目を向けているのであれば、イノベーションが起こる場所を見逃してしまうだろう。

投資型および融資型クラウドファンディングはヨーロッパ数ヶ国ではすでに合法であるが、今後18ヶ月の間に、マレーシア、シンガポール、タイ、台湾、チリ、メキシコを含む新たな地域でも合法化される。

このことにより可能になる取引は非常にエキサイティングである。私たちが注目するフィンテック企業の主要カテゴリを以下に示してみよう。

1.プラットフォーム技術
より多くの知識豊富なエンジェル投資家が、信頼できるソースが綿密に吟味した高品質の取引にアクセスできるプラットフォーム技術。例:Asset Avenue、AngelList、OfferBoard、SeedInvest

2. かつては7桁の投資を必要とした資産クラスへのアクセス
例:InvestX、Propellr、Sliced​​Investing

3.ユビキタスなコミュニケーションツール
様々な場所に存在するエンジェル投資家やそのグループ同士がより効果的にコラボレーションできるようになることを可能にするツール。SeedInvestなど。

4.起業家と投資家間のコミュニケーションを簡易にするサービス
起業家と投資家の間の定期的かつ簡易なコミュニケーションを可能にする、取引の実行や投資家相互の交流を行うサービス。例:BackerKit、Floship、その他の潜在的な企業

5.オンラインの企業評価マネジメントや信頼形成サービス
企業の実態確認、バックグラウンドの徹底的な調査を以前よりも手頃な価格で実現するサービス。例:Crowdcheck、EarlyIQ

6.リアルタイムの指標、データの正規化、私募に関する情報サービス
これらを世界規模で提供するサービス。例:Crowdnetic、LendingRobot

7.オンライン教育サービス
情報通のエンジェル投資家を育てるための民間企業/アーリーステージの企業に関連した情報を提供するオンライン教育サービス。例:Kauffman Fellows、VentureHive

8.ホワイトスペース
私たちが、それが必要であることに(それ無しでは生きられないことに)まだ気が付いていない新しい商品やサービス。(私は常に、このセクターで働いているより多くの起業家から話を聞くようにしている。)

この種の解決策を提供する企業は今日すでに営業中であるか、または密かにローンチの準備をしているかのどちらかだ。EU諸国やアメリカで多くの偉大なイノベーターが出現している一方、私たちはアジア(Dreamaker Crowdfunding、FlyingV、MoolaSense)、ラテンアメリカ(Cubo、Cumplo、Broota)、中東(Aflamnah、Eureeca、Zoomaal)、そしてアフリカ(Homestrings、M-Changa)で興味を引く人物を既に目の当たりにしている。

増え続けるプロセスを発展させていく作業は追いついていない。どの国やエコシステムも技術のプラットフォームだけでなく、少し例を上げるだけでも、送金技術、コミュニケーション、配達、そして風評・評価管理など、多くの実用的な技術を必要としている。

成功する企業はここ10年間変化がもたらされなかったマーケットで、プロセスに対する大幅な改善をもたらすか、まったく新しいビジネスモデルをもたらすような革新的なソリューションを創造する必要があるだろう。

このようなフィンテック業界におけるイノベーションの動向は、グローバルマーケットにどのように利益をもたらすだろうか?

Marc Andreessen氏が、昨年秋にスタンフォード大学の「スタートアップの始め方」という授業で、

「ベンチャーキャピタルの出資を受けているスタートアップは毎年約4000社ほどありますが、そのうち200社が一流のベンチャーキャピタルから出資を受けています」

と述べている。私は彼が言っている数字自体を議論しようとしているのではない。私が言いたいのは、財務テクノロジーのイノベーションが他との連結性や共同作業の在り方に革命をもたらし、知識と言うものがさらに容易に廉価で手に入るようになり、新しいビジネスの習慣が生まれるにつれ、現在の出資可能なベンチャーキャピタルの会社数を10年もたたないうちに2倍にすることができるだろう、ということだ。

数字を倍にすることと、この新しい金融テクノロジーの機会を可能にすることは直接的な関係があると言えるだろう。このような金融テクノロジーの出現によって、起業家はカリフォルニアのPalo Alotoから60マイルも離れたところに住む、高学歴であり、関連投資家である閲覧者から資本を獲得することが可能になるからだ。


公開情報:わが社Crowdfund Capital Adbisorsは本記事に社名を挙げた27社のうちの5社にアドバイスを行い投資をしてきた。その5社の社名はCrowdnetic、Early IQ、Offerboard、SeedInvest、およびZoomaalである。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】