照明にも楽器にもーー日本発のパフォーマンスに特化したスマートシューズ「Orphe」

by Junya Mori Junya Mori on 2015.3.31

20150312020652-thumbnail

日本拠点の「no new folk studio」が、光と音と動きをシームレスに変換するスマートシューズ「Orphe」を発表している。「Orphe」はスマートフォンやタブレットにBluetoothで接続し、様々なアプリケーションと連携することができる靴だ。



この靴のソールには最新のモーションセンサ、100以上のフルカラーシリアル制御LED、 無線モジュールなどが内蔵されており、パフォーマーはこの靴を照明や楽器として使用することができる。

「Orphe」は靴の向きや速度に応じて光の強さや色を変える。ソールに内蔵された9軸センサがリアルタイムに靴の動きを検出し、コンピュータに送信。このデータは光や音に変換するだけでなく、ビデオゲームのコントローラとして利用することや、インターネットに接続された様々なモノを操作することができるため、入力のインターフェースとしても利用可能となっている。

20150313061509-locus1

クラウドファンディングで資金調達

「no new folk studio」は、秋葉原のシェアオフィス「DMM.make AKIBA」に入居しているスタートアップ。「no new folk studio」は、ABBA Lab、Cerevo、Gugenのサポートを受けながらプロダクトの開発を実施している。

「Orphe」の試作品たちはこの場所で作られたという。彼らは、先日開催されていた「SXSW2015」のTradeShowで「Orphe」のプロトタイプを展示。クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で資金調達をスタートさせている。

Orphe

クラウドファンディングで調達した資金は、「Orphe」のソールの金型をつくるためと、基板を製作するために利用される。「Orphe」の靴のデザインには、日本の伝統的な靴職人をチームに招き入れているという。

20150314110403-150315_Orphe_black

no new folkは、「Orphe」の光り方を操作したり、「Orphe」で演奏を行うためのiOS専用アプリを無償で提供することを予定しているそうだ。さらに、「Orphe」と連携するアプリをつくるためのSDKも公開しようとしている。

また、OpenFrameworks, Processing, Pure data, Max/MSP といったオープンソースプラットフォームに対応したライブラリを提供していくことで、ユーザコミュニティ全体でOrpheを更に進化させていこうと考えているそうだ。

no new folkという新たなハードウェアスタートアップの挑戦に期待したい。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------