Wearable Tech Expo in Tokyo〈Day2〉〜ハンドジェスチャーで、写真撮影やメール送受ができるスマートグラス「mirama」 #WearableTechJP

SHARE:

mirama-620x383

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Wearable Tech Expo 2014 in Tokyo では、展示エリアには(Moff を除いて)スタートアップが少ないように思えた。しかし、企業出展者に目を転じてみると、日本のブリリアントサービス社が来場者の注目を集めていた。

同社の mirama は、現状は大きなヘッドマウント・ディスプレイだが、顔の前でジェスチャーすることにより、向こう側の見える画面をコントロールすることができる。多くのジェスチャーに対応でき、親指を立てて OK としたり、親指を下に向けてキャンセルとしたり、指で構図を決めて写真を撮ったりすることも可能だ。

mirama のインタフェース上では、スクリーン上のボタンを押して、指でハンドライティングし(私のハンドライティングはひどいものだったが)、スクリーン上のメニューを選んでメールの送受信も可能だ。

mirama のプロトタイプは同社のウェブサイトから購入可能で、さらにハックしたい人には SDK も提供されている。しかし、プロトタイプは安いものではなく、mirama センサーキットで300万円から20万円といった具合だ。

私は mirama グラスを体験する機会に恵まれ、これは大変楽しい体験だった。メガネの重さは私の鼻を押しつぶしそうだったが、それでも大変面白いものだった。mirama のスクリーンのプレビューは、以下のビデオで確認できる。

----------[AD]----------