BRIDGE

タグ POLYGLOTS

英語学習アプリ「POLYGLOTS」開発・運営、シリーズBラウンドで1億円を資金調達——機能やサービスプランを追加・拡充、アジア圏にも進出へ

SHARE:

英語学習アプリの「POLYGLOTS(ポリグロッツ)」を開発するポリグロッツは15日、シリーズ B ラウンドで1億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、人材育成コンサルティングファームのセルム、ディップ(東証:2379)、ベンチャーキャピタルの PE&HR。ポリグロッツにとっては、シードラウンド(1回目、2回目)、シリーズ A ラウンド(1回目、2回目)に続くもので、累積調達…

ポリグロッツのチーム
Image credit: Polyglots

英語学習アプリの「POLYGLOTS(ポリグロッツ)」を開発するポリグロッツは15日、シリーズ B ラウンドで1億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、人材育成コンサルティングファームのセルム、ディップ(東証:2379)、ベンチャーキャピタルの PE&HR。ポリグロッツにとっては、シードラウンド(1回目2回目)、シリーズ A ラウンド(1回目2回目)に続くもので、累積調達額は2億4,000万円となる。

ポリグロッツは2014年に「POLYGLOTS」、2015年7月に「MONDO」をそれぞれローンチ。POLYGLOTS は、BBC、The Japan Times、Techcrunch、Asahi Shimbun、JIJI PRESS NEWS など英文ニュースメディアとの提携により、時事ネタを使った言語学習ができるのが特長。現在130万人のユーザを擁している。

今回の資金調達により、同社ではビジネスライティング機能の追加、家族やグループで語学学習が可能なプランの構築、学習者目線に立った UI/UX の改善、総合英語学習アプリとして認知度向上を加速するとしている。また、一部をアジア圏への進出の費用に充当し、IPOを視野に入れた人材獲得や組織強化も実施するとしている。

via PR TIMES

----------[AD]----------

言語学習アプリ「POLYGLOTS」開発・運営元、九大系QBキャピタルなどから6,500万円を調達——学習者毎のカリキュラムAI最適化機能を開発へ

SHARE:

日本人向け英語学習アプリの「POLYGLOTS」、外国人向け日本語学習アプリの「MONDO」を開発するポリグロッツは9日、シリーズ A ラウンドのフォローオンで6,500万円を調達したことを明らかにした。このラウンドは九州大学系 VC である QB キャピタルがリードし、PE&HR、パイプド HD(東証:3919)、 Robert T. Huang 氏らが参加した。 これはポリグロッツにと…

POLYGLOTS
Image credit: Polyglots

日本人向け英語学習アプリの「POLYGLOTS」、外国人向け日本語学習アプリの「MONDO」を開発するポリグロッツは9日、シリーズ A ラウンドのフォローオンで6,500万円を調達したことを明らかにした。このラウンドは九州大学系 VC である QB キャピタルがリードし、PE&HRパイプド HD(東証:3919)、 Robert T. Huang 氏らが参加した。

これはポリグロッツにとって、2015年3月および12月にそれぞれ実施した、East Ventures およびヒトメディア(East Ventures からは約3,500万円を調達、合計調達金額は不明)からのシードラウンド調達、2016年12月に実施した Robert T. Huang 氏らアメリカ拠点の4人の個人投資家からのシリーズ A ラウンド調達(数千万円台)に続くものだ。

Huang 氏は IT 企業向けサプライチェーンマネージメント大手 Synnex(NYSE:SNX)の創業者で、起業家育成に積極的であり、彼の母校である九州大学には彼の名前を冠したアントレプレナーシップ・センターが設置されている。今回のラウンドでリードインベスターを務めた QB キャピタルの出資参画にも、Huang 氏の働きかけがあったものと考えられる。

ポリグロッツは2014年に「POLYGLOTS」、2015年7月に「MONDO」をそれぞれローンチしている。BBC などニュースメディアとの提携により、時事ネタを使った言語学習ができるのが特長だ。 ローンチから4年を迎えた POLYGLOTS はユーザ数100万人を突破、アプリ上での自学習に加え、先生とのオンライン/オフラインレッスンができる英語学習アプリへと進化を遂げた。POLYGLOTS ユーザのうち、TOEIC/TOEFL 受験者の94%が POLYGLOTS 利用後に TOEIC/TOEFL のスコア向上を達成しているという。

今回の調達を受けて、ポリグロッツではこれまでに蓄積した学習者の学習履歴データ、学習コンテンツ、先生とのレッスンを融合し、学習者一人一人に最適化されたカリキュラムを AI が自動生成する機能を開発する計画だ。今回のラウンドで出資参加したパイプド HD 傘下のシステムインテグレータであるパイプドビッツは、機械学習ソリューションを開発しており、POLYGLOTS の機能拡張において一定の役割を担うことが期待される。

----------[AD]----------

英日言語学習アプリ「POLYGLOTS」「MONDO」を開発するポリグロッツ、米個人投資家らから数千万円を調達——「HandShake機能」を追加

SHARE:

日本人向け英語学習アプリの「POLYGLOTS」、外国人向け日本語学習アプリの「MONDO」を開発するポリグロッツは20日、シリーズAラウンドで資金調達を実施したことを発表した。金額は公表されていないが数千万円台の後半と見られる。このラウンドは、IT 企業向けサプライチェーンマネージメント大手 Synnex(NYSE:SNX)の創業者 Robert T. Huang 氏がリードし、Huang 氏を…

polyglots-junya-yamaguchi
ポリグロッツ創業者兼代表取締役 山口隼也氏

日本人向け英語学習アプリの「POLYGLOTS」、外国人向け日本語学習アプリの「MONDO」を開発するポリグロッツは20日、シリーズAラウンドで資金調達を実施したことを発表した。金額は公表されていないが数千万円台の後半と見られる。このラウンドは、IT 企業向けサプライチェーンマネージメント大手 Synnex(NYSE:SNX)の創業者 Robert T. Huang 氏がリードし、Huang 氏を含むアメリカ拠点の4人の個人投資家が出資に参加した。Huang 氏は起業家育成に積極的な人物で、彼の母校である九州大学には彼の名前を冠したアントレプレナーシップ・センターが設置されている。今回のラウンドは、ポリグロッツにとって、2015年3月および12月にそれぞれ実施した、East Ventures およびヒトメディア(East Ventures からは約3,500万円を調達、合計調達金額は不明)からのシードラウンド調達に続くものだ。

ポリグロッツは2014年に「POLYGLOTS」、2015年7月に「MONDO」をそれぞれローンチしている。BBC などニュースメディアとの提携により、時事ネタを使った言語学習ができるのが特長だ。近年、「MONDO」ではフィリピンや中国などからの日本語学習ユーザが増えており、ポリグロッツは今回調達した資金を使って、特に東南アジア地域を中心にプロモーションを強化したいとしている。

MONDO(上)とPOLYGLOTS(下)
MONDO(上)とPOLYGLOTS(下)

マネタイゼーションの切り札——HandShake 機能と、リアル言語学習体験の提供

ポリグロッツでは半年ほど前から、マネタイゼーションにつながる機能をリリースしている。その皮切りとなるのが、日本語を学ぶ外国人と外国語を学ぶ日本人をつなぐ Tinder ライクなユーザ同士をつなぐ「HandShake」という機能だ。

日本人にはもくもくと自習で学習を進めていく人が多いが、(日本語を学ぶ)外国人は(日本人と)コミュニケーションをとりたがる人が多い。(ポリグロッツ代表取締役 山口隼也氏)

HandShake は、POLYGLOTS と MONDO の両アプリのユーザ間で、偶発的にユーザ双方が OK した場合にのみ相互接続が成立するが、アプリ内課金が発生する「Super HandShake」では、ユーザが相手ユーザに接続のリクエストを投げかけていることを知らせることができる仕掛けだ。

polyglots-handshake
POLYGLOTS の HandShake 機能

相手ユーザが言語を学習しているかどうかはプロフィールでわかるようになっているので、Tinder みたいにはならない。出会い系と違って、勉強していない人は落ちていく。

ユーザがどういう記事を熱心に読んでいるかのデータが取れているので、それをもとにつながりたいであろう相手をレコメンドするアルゴリズムも持っている。また、チャットボットの Cupid Bot が、互いのチャットのサポートもしてくれる。(山口氏)

年明け以降、ポリグロッツでは HandShake の機能を拡大させ、POLYGLOTS 上で英語教師とつながって学習できる有料機能を追加する予定。市中でのフェイス・トゥ・フェイスの学習機会提供も視野に入れ、スペイシーのようなオンデマンド型のスペース提供プロバイダとの提携も模索している。教師は、アプリ上で生徒となるユーザの学習履歴データを参照できるため、初見であっても効果的な学習機会を提供できるのがサービスの強み。将来的には、MONDO でも同様に、非日本語話者向けに日本語教師となるユーザを紹介するサービスを提供する計画だ。

今後、ポリグロッツでは中国進出も視野に入れている。これまでの投資家らのネットワークを活用し言語学習アプリの中国語版を開発、中国語を学びたい日本人、日本語や英語を学びたい中国人にもサービスを拡大していきたいとしている。

----------[AD]----------

外国人向け日本語学習の「MONDO」など語学アプリを提供するポリグロッツが資金調達、語学イベント開催も

SHARE:

英語学習サービスの「POLYGLOTS」や日本語学習サービス「MONDO」を提供するポリグロッツが、ヒトメディア子会社のヒトトキインキュベータを引受先とした第三者割当増資を実施したことを発表しました。また、ヒトトキインキュベータの代表取締役である森田正康氏が、ポリグロッツの取締役に就任しました。 2015年7月にリリースされた外国人学習者向け日本語ニュースアプリ「MONDO」は、リリース後4ヶ月で…

MONDO-website

英語学習サービスの「POLYGLOTS」や日本語学習サービス「MONDO」を提供するポリグロッツが、ヒトメディア子会社のヒトトキインキュベータを引受先とした第三者割当増資を実施したことを発表しました。また、ヒトトキインキュベータの代表取締役である森田正康氏が、ポリグロッツの取締役に就任しました。

2015年7月にリリースされた外国人学習者向け日本語ニュースアプリ「MONDO」は、リリース後4ヶ月でユーザー数が約20,000人に。MAU(Monthly Active Users)は、約30%。現アクティブユーザーのうち、約25%が3ヶ月以上、継続して利用しています。

日本語学習アプリ「MONDO」の国別属性
日本語学習アプリ「MONDO」の国別属性

ユーザーの属性の特徴はというと、男性が7.5割。ユーザーの分布は、日本以外が4割を占めています。20代〜40代が大半で、最も多い会社員に、学生ユーザーが続いています。MONDOを活用するユーザーの学習目的においては、8割とダントツが「日本人とコミュニケーションしたい」というもの。また、全体の6.5割が「日本文化に興味がある」と回答しています。

日本語学習アプリ「MONDO」で学ぶ理由
日本語学習アプリ「MONDO」で学ぶ理由

外国人ユーザーからは、「実際の記事を読み、それを元に漢字や単語をリアルタイムに調べることができる」「中級から上級の日本語学習者に向けて作られた読書アプリとして今までで一番良いと思う」といった声が集まっています。一方で、Android版がないのが残念、また小学校3年生以上の漢字がわかる人向けだと思うなど、初心者が使うにはハードルが高いことを指摘する声も。

MONDOを使う学習目的について、「日本人とコミュニケーションがとりたい」という率がすごく高いことは意外だったと話す同社代表の山口隼也さん。

「ユーザーには日本在住の外国ビジネスマンが多いため、「仕事で使うから」と理由が多いのかと思っていました。反対に、日本人に英語の学習目的を聞くと仕事やTOEIC対策などが上位にくるため、国民性の違いを改めて感じました。それもあって、日本語学習のMONDOと英語学習のPOLYGLOTSのユーザーを積極的に繋げていきます」

今後は、Android版への対応、またビギナー向けの読み物系コンテンツを充実させていくとのこと。また、日本語と英語をお互いに教えあう「MONDO」と「POLYGLOTS」のユーザー間のコミュニケーションを促進するような機能を追加する予定。さらには、オンラインにとどまらず、オフラインでの交流の場も設けていきます。具体的には、12月26日(土)には、ランゲージ・エクスチェンジのイベント「Monja」を開催します。イベントの詳細は、Meetupのイベントページをご覧ください。

----------[AD]----------

20万人が使う英語学習アプリ「POLYGLOTS」が、外国人学習者向け日本語ニュースアプリ「MONDO」を開発

SHARE:

  今年3月末にイーストベンチャーズから資金調達をしたポリグロッツ。同社が運営する「POLYGLOTS(ポリグロッツ)」は、自分が関心のある英語ニュース記事を通して、辞書やスペリング機能などを活用しながら英語を修得することができるアプリです。リリースから約1年間で20万人以上が利用しています。 そんなポリグロッツが本日新しくリリースしたのが、日本語リーディングアプリ「MONDO」です。そう、新アプ…

MONDO-list-of-articles MONDO-tap-to-look-up-dictionary

今年3月末にイーストベンチャーズから資金調達をしたポリグロッツ。同社が運営する「POLYGLOTS(ポリグロッツ)」は、自分が関心のある英語ニュース記事を通して、辞書やスペリング機能などを活用しながら英語を修得することができるアプリです。リリースから約1年間で20万人以上が利用しています。

そんなポリグロッツが本日新しくリリースしたのが、日本語リーディングアプリ「MONDO」です。そう、新アプリは、外国人が日本語を修得するために開発されたもの。日本在住の外国人はもちろんのこと、海外在住の日本語学習者、日本文化に興味のある人々などを対象にしています。

POLYGLOTSのコンセプトを外国人の日本語学習にも適用

「英語と日本語の語順の違い」に着目し、英語を頭から順に理解しながらリーディングすることの重要性を考えて開発されたPOLYGLOTS。このコンセプトが多くのユーザーに支持されたことから、今度は逆に、日本語に興味のある外国人に同じコンセプトを当てはめたサービスを提供しようとMONDOが開発されました。

また、外国人にとって、日本語学習を難しくする要因は「漢字」と「曖昧さ」。この2つに慣れて克服するには、たくさんの日本語を読むことが効果的なはず。POLYGLOTSと同様、外国人学習者はMONDOで関心のあるニュースカテゴリを選択し、「シンプルタップ辞書」や調べた単語が蓄積される「単語帳」などの機能を使って、日本語の記事を読み進めることができます。

記事は難易度でソートしたり、記事を読み終えるまでの目安の時間を参考にして、隙間時間に読めそうな記事を選んだりすることも。また、自動で記事をスクロールする「スマートスクロール」の機能で、より早い速度で記事を読むことが促され、日本語読解力を自然に身につけることにも繫がる仕組みです。

今後数年で数千万規模の語学プラットフォームに

20万人以上のユーザーを抱えるPOLYGLOTSと、「ユーザー」と「データ」の側面で連携することで目指すのは、語学の総合コミュニケーションプラットフォーム。英語学習する日本人と、日本語学習する外国人が繋がり、記事の枠を越えてお互いに語学を学び合う。オンラインだけでなく、例えば現地での旅行ガイドのようなオフラインの交流も想定しています。

「2020年には東京オリンピックも控えていますが、まだまだ世界から見た日本文化への理解は不足していると感じます。彼らに対して、リアルな日本の姿を発信することで、より多くの方々に日本に興味をもってもらい、旅行者として来てもらうような形に貢献できればと思っています」(ポリグロッツ代表 山口隼也さん)

将来的には、Inbound旅行者を対象にした観光サービス、地方自治体や国内メディアとの提携も視野に入れているとのこと。「禅問答」という言葉を元に、世界に一つのQuestion & Answerという意味を込めて名付けられたという「MONDO」。まず直近では、MONDO単体で10万人のユーザーの獲得を目指し、数年後には両プラットフォームを合わせて数千万人規模のサービスを目指します。

----------[AD]----------

適応学習技術を適用した英語ニュースアプリ「POLYGLOTS(ポリグロッツ)」がイーストベンチャーズから資金調達

SHARE:

英語ニュースアプリ「POLYGLOTS(ポリグロッツ)」を開発するポリグロッツが、イーストベンチャーズが運営するファンドを引受先として、第三者割当増資を実施した。調達した資金は約3500万円だと見られる。 英語ニュースアプリ「POLYGLOTS」は、昨年リリースしたiOS、Androidアプリ。「POLYGLOTS」ではユーザの好きな分野のニュース記事を読み、情報収集の一環で英語学習が可能だ。ワン…

polyglots

英語ニュースアプリ「POLYGLOTS(ポリグロッツ)」を開発するポリグロッツが、イーストベンチャーズが運営するファンドを引受先として、第三者割当増資を実施した。調達した資金は約3500万円だと見られる。

英語ニュースアプリ「POLYGLOTS」は、昨年リリースしたiOS、Androidアプリ。「POLYGLOTS」ではユーザの好きな分野のニュース記事を読み、情報収集の一環で英語学習が可能だ。ワンタップで辞書に単語が登録でき、英文スキャン機能なども搭載している。

POLYGLOTS ui

このアプリの特徴は、個人に最適化された学習内容の自動提供を実現する「Adaptive Learning(適応学習)」のエンジン。サービスリリース後注目を集め、口コミで広まった。2015年3月現在、アプリリリースから8ヶ月ほどで14万人のユーザを獲得している。

同社は今回の資金調達により、事業基盤の強化、コンテンツの充実などを図る。

----------[AD]----------