クラウドファンディングサイト「Makuake」に掲載されたプロダクトが伊勢丹新宿本店に展示

SHARE:

makuake isetan

サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するクラウドファンディングサービス「Makuake」が、三越伊勢丹ホールディングスと共同で「Makuake」に掲載されたプロダクトを伊勢丹新宿本店に展示する取り組み「ISETAN×Makuake クラウドファンディングPROGRAM」を2015年5月20日より開始すると発表した。

このプログラムの開始に合わせて、2015年5月20日には特設ページが「Makuake」内に設置される。実施中のクラウドファンディングプロジェクトのプロトタイプが百貨店に展示されることは、日本で初めての事例だという。

海外ではクラウドファンディングサイト「Kickstarter」から生まれたプロダクトがMoMA design storeに並ぶなど、クラウドファンディングと店舗が連動した事例がある。

「ISETAN×Makuake クラウドファンディングPROGRAM」は「支援決定前にプロダクトに触れたい」というユーザーの声に答えたもの。

このプログラムがスタートすると、「Makuake」に掲載されている服飾・衣類・サービスに関するプロジェクトのプロトタイプが伊勢丹新宿本店に展示され、展示場所を訪れたユーザは実際にプロダクトを手にとってから、プロジェクトを支援できるようになる。

伊勢丹新宿本店に展示されるためは、2015年8月26日にはクラウドファンディングのプロジェクトが開始しており、プロトタイプであることが条件となる。

リターン品がプロダクトであるような、購入型のクラウドファンディングプロジェクトであれば、実際にモノを見ることができるこうした展示は有効だろう。

今回のプログラムは、新宿伊勢丹本店を訪れるこれまで「クラウドファンディング」を知らなかった人達にも、この仕組みが認知されるきっかけとなるはずだ。

----------[AD]----------