アメリカ政府、Vehicle-to-vehicleを次の大きな変革と見据えて、開発を推し進めていく

SHARE:
15732573753_b9bb50577c_z
Image by Jake Stimpson on Flickr

<ピックアップ>The US government wants to speed up deployment of vehicle-to-vehicle communication | The Verge

IoTという概念において、より具体的なプランに落とし込んだときに、現在話題に登っているのが、ロボットカーかもしれません。

全自動で自動車を運転する未来に向けて、さまざまな企業が開発を行っています。全自動運転の前には、まずは自動車同士がネットワーク化されなければいけません。自動車同士のネットワークは、V2V(Vehicle-to-vehicle)とよばれていますが、アメリカではこのV2Vに政府自らが力を入れていくようです。

アメリカ政府は、次の大きな変革のひとつとしてV2Vを掲げており、投資を含めて開発に力を入れてると発表しています。アメリカでは、多くが車社会であり、移動手段として自動車をよりよいものにするために必要なものと言えます。同時に、政府も、IoTの可能性を認識していることだと言えます。

via The Verge

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録