#RISEconf: ピッチ・コンペティション優勝は、エアコンを操る人工知能デバイス「Ambi Climate」が獲得

SHARE:

rise-2015-pitch-competion-finals-winner-ambi

本稿は、スタートアップ・カンファレンス「RISE 2015」の取材の一部である。

香港会議展覧中心では、7月31日と8月1日の2日間にわたって、第1回目となる RISE が開催されている。RISE の中で行われるピッチ・コンペティションには、香港内外の300チーム以上のスタートアップから応募があり40チームがピッチ、うち3チームがファイナリストに選ばれた。

優勝者には、ピッチ・コンペティションをスポンサードする Google for Work から10万ドル分のクラウド利用権とメンターシップが提供される。

このピッチ・コンペティションの審査員は、

  • Sunny Vu, CEO, Misfit Wearables
  • Ricky Kapur, Managing Director, Asia Pacific and Japan, Google Cloud Platform at Google
  • Kevin Prior, Product Marketing Manager, Facebook
  • Jing Ulrich, Managing Director & Vice Chairman of Asia Pacific, JP Morgan Chase

rise-2015-pitch-competion-finals-judges

司会は、StartupsHK の共同設立者である Casey Lau が務めた。

Ambi Climate (Pitch by Julian Lee)

rise-2015-pitch-competion-finals-ambi-1

Ambi Climate は WiFi 接続可能、赤外線によるリモコン機能を持ったデバイスで、部屋の温度や湿度、当地の気候、ユーザの好みを学習してエアコンを制御する。昨年11月にクラウドファンディング・キャンペーンを実施し1,000台の予約注文を獲得、10日後の出荷開始を控えている。

<関連記事>

Soundbrenner (Pitch by Florian Simmendinger)

rise-2015-pitch-competion-finals-soundbrenner

ミュージシャン、音楽を楽しむ人が一人で練習する際リズムを刻むことができるウエアラブルなメトロノーム・デバイス。「Soundbrenner Pulse」を開発。振動と光でリズムを教えてくれるので、周囲に迷惑をかける心配もない。現在、20以上の小売業者と流通開始にあたり交渉中。

<関連記事>

Prenetics (Pitch by Danny Yeung)

rise-2015-pitch-competion-finals-prenetics

薬は汎用的に使われることを想定して作られており、個人差により薬が合わないことで、年間10万人以上の人が副作用により亡くなっている。この問題を解決するのは、Pharmacogenomics(ゲノム創薬、または、ゲノム薬理)だ。

Prenetics はDNAテストを行い、胎児の16種類の健康情報をテスト結果として報告。将来的には、より個人にあった薬の処方や創薬ビジネスを支援する。Prenetics は設立から5年で、創業者の Danny Yeung は以前、Groupon の東アジアの長を務めた人物だ。昨年12月には、500 Startups、SXE Ventures、Joel Neoh(Groupon のアジア太平洋担当)、シンガポールの Coent Venture Partners から265万ドルを調達している。

<関連記事>

----------[AD]----------