タイ3位の資産規模を誇るサイアム商業銀行がヘルスケアに特化した2億7800万ドル規模のファンドを設立

SCBAM

<ピックアップ>Thailand’s SCBAM launches $278.8m Health Care Equity Fund

タイ3位の資産規模を誇るサイアム商業銀行が、ヘルスケアに特化した2億7800万ドル規模のファンドを設立すると発表しました。タイだけにとどまらず、世界各国のヘルスケア企業に投資していくそうです。

先進国で高齢化が進んでいく中で、ヘルスケア市場は世界で注目を集める成長産業の1つ。経済産業省によると、2015 年の日本のヘルスケア(健康・医療・福祉関連サービス)の市場規模は66.4兆円に達すると推計されています。

日本に残された数少ない成長市場であるヘルスケア市場に、国内だけでなく国外からも資本の流入が見込まれます。世界規模でヘルスケア市場が大きな注目を集める中、国外の資本をどう活用するかという視点も持ちたいです。

via DEALSTREETASIA

(Text = 家田昇悟)