受発注プラットフォームのHanshakeが1,400万ドル調達しアジアに進出ほかーー注目のB2Bスタートアップ調達まとめ

SHARE:

編集部注:「注目のB2Bスタートアップ調達まとめ」は海外エンタープライズ系テクノロジーの話題をまとめた連載。本誌でも執筆中の「インプットをアウトプットするブログ」ブロガーで、B2Bスタートアップ・インキュベーション「archetype」所属の鈴木大貴氏がセレクトしたニュースをお送りします。

VRコンテンツを直感的に開発できるVisionary VRが600万ドル調達

image

VRコンテンツ製作ソフトウェアを開発するVisionary VRがDFJ VenturesなどからシリーズAで600万ドル調達しました。

Visionary VRは専門的な知識がなくても、VRのヘッドセットをつけたまま直感的にVRコンテンツを製作できるツールを開発しており、今まではエンジェルから調達した資金で運営してきましたが、今回の調達を期に本格的な商用プロダクト開発に移行していくとのこと。機能や価格等の詳細は明かされていませんが、本格的なプロダクトは2016年中にリリースされる予定です。

スタートアップ有料データベースのMattermarkが730万ドル調達

image

スタートアップ有料データベースのMattermarkがシリーズBでFoundery Groupeなどから730万ドルを調達しました。MattermarkはCrunchbaseやAngelListといったデータベースやニュースソースをクローリング、情報を見やすく整理し、投資家や事業開発を行うユーザーが分析できるプラットフォームを提供しています。

機械学習を活用した企業成長度の独自スコアが特徴で、上場企業50社を含む500社以上がサービスを利用しているとのこと。サービスの黒字化は間近で、今後は対象するセクターをスタートアップ以外にも広げていく模様です。

SaaSアプリを組み合わせビジネスプロセスを自動化するUsermindが1,450万ドル調達

image

複数のSaaSアプリケーションを組み合わせてビジネスプロセスを自動化するUsermindがAndreessen HorowitzやMenlo VenturesなどからシリーズBで1,450万ドル調達しました。

Usemindでは例えばマーケティング、セールス、バックオフィスとった業務プロセスを自動化することが可能ですが、具体的にはアクセス解析とマーケティングオートメーション、CRMを組み合わせ、見込み顧客の行動をトラッキングしリアルタイムに営業チームへ行動を促す通知を出したり、顧客サポートサービスを組み込んで解約しそうなクライアントを検知したり、といったことが可能になります。

各アプリケーションのAPIを元にルールを決めサービスを連携するプロダクトとしてIFTTTやZapierなどがありますが、Usermindは2013年の創業から今までステルスモードで開発を進めており、今回の資金調達と合わせプロダクトの情報が公開されました。

受発注プラットフォームのHanshakeが1,400万ドル調達しアジアに進出

img_1301

卸売注文プラットフォームのHandshakeがSoftTech VCやSozo VenturesなどからシリーズBで1,400万ドルを調達しました。

Handshakeは紙や電話といった伝統的な方法で商品の発注を行っていた小売店と卸売業社を結ぶ受発注プラットフォームを開発しており、モバイルフォーカスで誰でも簡単に簡単に使えるインターフェースが特徴とのこと。

調達した資金でエンジニアとプロダクトチームの拡充を図るようですが、今回のラウンドは日本企業を多数LPに持つSozo Venturesがリードを取っており、アジアを始めとするグローバルなマーケットへの進出を目指していく模様です。

従業員目標管理プラットフォームのBetterWorksが2,000万ドル調達

image

従業員向け向け目標管理プラットフォームのBetterWorksがSalesforceやYammerへの投資&Exit経験を持つEmergence CapitalなどからシリーズBで2,000万ドルを調達しました。

BetterWorksからは公表されていないものの、今回のラウンドで1億ドル前後の評価額となったようだとTechCrunchが報じています。2013年の創業以来、BMWやAirbnbなど200社の企業をユーザーとして獲得していますが、Salesforceやプロジェクト管理ツールであるJiraとの連携により、日々の業務データがBetterWorkに集約されることで、より従業員の目標と成果の評価がしやすくなってきているとのこと。

調達した資金は大企業向けのセールスとプラットフォームとしての機能拡充に使われていく模様です。

via TechCrunch, VentureBeat

----------[AD]----------