Sassor、太陽光発電監視システム「ELP for SP」をクラウドサービスとして住宅・発電事業者向けに提供

SHARE:

ELP for SP

IoTデバイスの開発を手掛ける Sassor が、中小規模向け太陽光発電監視「ELP for SP(Solar Power)」をクラウドサービスとして開発。太陽光パネルを導入する家庭や太陽光発電事業者、メンテナンス事業者向けに販売を開始した。

Sassorは創業当初から電力管理サービスやデバイスを開発してきた。今回、開発した「ELP for SP」は家庭や太陽光発電事業者が所有している中小規模の太陽光パネルを対象としたサービスだ。

対象となる太陽光パネルのパワーコンディショナーごとの発電量データを Wi-Fi もしくは 3G 通信にてクラウドへ送ることで「発電量」「売電量」「買電量」「消費電力量」を一括管理することが可能となる。

発電容量が10kW未満の家庭用太陽光発電では、発電した電力を自家消費し、余剰となった電力を地域の電力会社をはじめ、電力事業者に売電できる。固定価格買取制度により、2016年度は31〜33円/kWhという買取価格となっている。

太陽光発電量の監視は、利益を出すためにも重要なことだ。「ELP for SP」では、今後、分析結果をもとに、節電アドバイス、故障検知、発電予測、見守り、リフォーム提案 など、豊富な分析オプションの提供を予定している。

金融面では個人の資産運用をサポートするサービスが登場し始めているが、エネルギーという資産をどうマネジメントするかにも注目だ。

----------[AD]----------