シンガポールの外貨両替商向けサービス提供する4xLabs、Dymon AsiaとOSK Venturesから150万米ドルを調達

by e27 e27 on 2017.5.25

シンガポールに拠点を置き、両替業者向けにソリューションの開発を行うフィンテックスタートアップ4xLabs が、プレシリーズ A ラウンドで Dymon Asia Ventures およびマレーシアに拠点を置く OSK Ventures International から150万米ドルを調達した。

4xLabs の CEO を務める Chris Vanden Berghe 氏は次のように語っている。

今回の新たな資金調達ラウンドにより、商品開発や世界規模での販売活動の拡大といった当社構想を全面的に実行に移し、グローバルな両替市場が直面する様々な困難に対して革新的ソリューションを提供する企業として主導的立場を強固なものにすることができます。

2011年に設立された4xLabs は、両替業者に対し Biz4x と呼ばれる一連のサービスをワンストップで提供している。新規ビジネスの獲得、価格設定の最適化、ビジネスの拡大を通して売上高の向上を後押しし、また効率化、在庫コストの管理、コンプライアンスリスクマネジメントの促進により利益の向上にも努めている。両替業者は Biz4x を通して Get4x というディレクトリに自社のビジネスや両替レートを記載し、新規顧客の獲得をはかることができる。

また、旅行者は Get4x を利用し、認可を受けた周辺店舗の中でも最も良いレートを提供する両替業者を検索することができるため、透明性、利便性、安全性を確保できる。クラウドベースのプラットフォームを採用しているため数週間ごとに更新情報を両替業者に公開することも可能だ。Biz4x と Get4x は互いに連携しており、両替業者はソリューション全体の一要素である顧客獲得の一環として、「買取」レートと「販売」レートを設定できる。

現金関連のアグリゲーションサービスを提供する Get4x は最近4つの新たな都市でサービスを開始した。既存市場としてはバリ、バンコク、香港、クアラルンプール、パッタヤー、プーケット、シンガポール、ムンバイがあり、ドバイ、ジャカルタ、ジョホール、マカオ、シドニーと合わせると同社がビジネスを展開する都市は13都市となる。

Dymon Asia Ventures でプリンシパルを務める Christiaan Kaptein 氏は次のように語る。

現金外国為替(FX)市場は成長市場です。これらの市場に流動性をもたらす世界各地に広がる10万の両替業者にテクノロジーを提供することに妥当性を感じております。4xLabs は両替業界にテクノロジーを提供するキープレイヤーです。拡大する同社を支援し続けることは当社にとっても喜ばしいことです。

また OSK Ventures で常務取締役を務める Patrick Yee 氏はこう語る。

4xLabs は、外国為替コミュニティによるフィンテックスタートアップアダプションを加速させることに焦点を当てています。これは両替業者とエンドユーザのやり取りを再定義するもので卓越しています。4xLabs の商品群は、両替業界の動的状況とバリューチェーン上の多数の利害関係者の様々なニーズに地域的に対処するために必要な要素を備えていると当社は考えています。

現在、10か国以上の国で数百の両替業者が Biz4x を利用している。

【via e27】 @e27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------