シンガポール拠点の国際決済スタートアップWallex、プレシリーズAラウンドでBEENEXTから資金を調達

by e27 e27 on 2018.10.19

wallex_screenshot
Image credit: Wallex Technologies

FX・国際決済を手掛けるシンガポール拠点のスタートアップ Wallex Technologies がプレシリーズ A ラウンドで資金を調達した。同ラウンドは BEENEXT がリードし、調達額については明らかにされていない。

また他の出資企業として、Central Capital Ventura(Bank Central Asia のフィンテック投資部門)や Indonusa Dwitama などが参加した。

新たに調達した資金は、プロダクト機能やサービスの開発に使われる予定。東南アジア地域における中小企業へより良いサービスを提供し、市場範囲をさらに拡大させる狙いだ。また近い将来、シリーズ A ラウンドでの資金調達も目指しており、シンガポール国内での市場拡大も行っていくという。

Wallex はバーチャル口座(入出金向け)や多通貨ウォレット、FX のコンバージョン(外貨両替)、国際決済、リアルタイムで FX 取引を行う機能を搭載した API など、幅広いオンラインキャッシュマネージメントソリューションを提供している。

中小企業は、1つのプラットフォームを通じこれらのツールを使うことで、現金管理やFXのリスクヘッジを簡単に行えるようになる。

中小企業向けのビジネスに留まらず、Wallex は複数の e コマースやオンラインプラットフォーム(同社の FX API 経由)と連携している。連携されたプラットフォームは、FX のリスクを減少させた上で、東南アジア地域の顧客に MCP(マルチ・カレンシー・プライシング)を提供できるようになる。顧客が決済する際に使われる通貨に基づき、Wallex は一定率で手数料を徴収している。

同社の他通貨ウォレットは現在、インドネシアルピアやタイバーツなど30以上の通貨をカバーしている。

共同設立者で COO の木我寛之氏は、以下のように語っている。

世界がよりグローバル化しつつある中、特に東南アジアにおいて FX 管理の必要性が増してきています。同地域のビジネス収益は、FX のボラティリティによって左右されやすいのです。弊社は中小企業の皆様、そしてより深い技術統合を求める次世代の企業の皆様を対象に、テックベースのソリューションを提供します。

以前の出資者には 500 Startups、KDV Capital、Amand Ventures などがいる。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------