「スタートアップのためのオンラインプラットフォームは、オープンであるべき」〜京都・第11回Monozukuri Hub Meetupから【ゲスト寄稿】

本稿は、「Monozukuri Hub Meetup」を主宰する Makers Boot Camp でインターン勤務している石井拓実氏による寄稿を THE BRIDGE が編集したものである。

Makers Boot Camp は京都を拠点とするハードウェアに特化したスタートアップアクセラレータである。

本稿における写真は、atelier 2du monto でウェディングドレスデザイナーを務める砂広今日子氏が撮影したものだ。


5月18日、サンフランシスコのハードウェア・スタートアップ向けコミュニティ・プラットフォーム Hardware Massive と共催したミートアップでは、多くのスタートアップが直面する「量産化」を始めとする問題を解消するために、オンラインプラットフォームをどのように利用していくかを中心に意見が交わされた。

ソフトウェアを扱うスタートアップと比べ、ハードウェアを扱うスタートアップならではの課題が議題にあがった。「競争ではなくパートナーシップ」は、このミートアップの大きなテーマの一つとも言える。また、ハードウェアスタートアップを運営する起業家が登壇し、よりリアリティのあるストーリーが多く語られるイベントとなった。

ハードウェアスタートアップにとっての「死の谷」である量産化の問題を解決するため、Makers Boot Camp は京都試作ネットと協力し、スタートアップが製品を量産化するプロセスの支援を行った事例を、Makers Boot Camp の Sabrina Sasaki 氏が紹介した。

ハードウェアスタートアップ・エコシステムを代表する3人によるプレゼンテーション

続いての Hardware Massive の Greg Fisher 氏によるプレゼンテーションは、「皆さんの中で量産化プロダクトを開発している方、企画している方はいますか?」という問いから始まった。

彼は、ハードウェアスタートアップの量産化には多くの問題があり、彼らが競争ではなくパートナーシップ、つまり連携することによってそれらの問題の解決を目指していることを強調した。具体的には、彼は、エンジニアリングの過程で必要となる莫大な費用を始めとする問題を上げ、スタートアップがそれらの問題を乗り越えていく環境を作るために、Hardware Massive が行なっている活動を紹介した。

Hardware Massive 創業者の Greg Fisher 氏

彼はハードウェアスタートアップを「物理的生産物をフルスケールの流通へとのせることが目的であるスタートアップ」と再定義した。

それを踏まえた上で、Hardware Massive は

  1. ネットワーキング
  2. 教育
  3. リソースへのアクセス

……をミッションとして掲げているとした。

Hardware Massive は世界中に支部を持ち、ウェブサイト上でそれぞれの支部、スタッフ、イベント等の情報を共有し、またニュースやイベントを始めとした種々のリソースを提供していることにも触れ、ハードウェアスタートアップがアクセスできるグローバルなプラットフォームが実現しつつあることを示した。

LifeChair の Karlos Ishac 氏

続いて登壇した LifeChair の Karlos Ishac 氏は筑波大学の大学院生でもある。Lifechair は彼が起業した二つ目のスタートアップであり、スマホやパソコンの長時間使用やデスクワークによってもたらされる身体的問題や生産性の低下などの問題などを解決するためのプロダクトを開発している。姿勢改善の機能や、使用者の姿勢をチェックし、バイブレーションによって正しい姿勢へと導くといったような機能も兼ね備えている。

彼は幼少期から発明に興味を持ち、14歳の時には非公式のビジネスを行っていたと語った。彼はシドニー大学卒業後に職を探したが、母国のオーストラリアでは農業や海上関係の仕事が多く、どうしても興味を持てなかった。そんなとき、彼は筑波大学の OMECHA に出会い、日本での進学を決意。その飽くなき探求心で今までに医療用ロボットなど、さまざまなプロダクトを発明してきた。

彼は現在のチームメンバーに、「一つのプロダクトに固執するな」と常々強調しているそうだ。数々の製品を発明してきた彼の柔軟な考え方は、ハードテックスタートアップが生き残る上での重要なポイントとなるだろうと感じた。

NAIN の山本健太郎氏

プログラム前半の最後に登壇したのは、日本のスタートアップである NAIN の山本健太郎氏。彼は北海道大学で複雑系工学などを学んだ後に、パイオニアでカーナビや関連機器の開発、企画担当に従事した経験を持つ。

彼は自分のことを「スマートフォンをいちいち手に取るのも嫌なほど面倒くさがり屋」だと言い、これを解決するためにアイズフリーの(目を使わないで済む)インターネットデバイス「APlay」を開発した。また彼らはさらにスマートフォンと連携可能なオーディオに目をつけ、ワイヤレスかつ音声認識可能なデバイスの開発を行い、その量産化を目指している。

スタートアップのためのプラットフォームは、常にオープンであるべき

この日のプログラムでは、2つのパネルディスカッションが行われた。

まずは、Hardware Massive 創業者の Greg Fisher 氏 と Makers Boot Camp CEO の牧野成将氏の二人が、ハードウェアスタートアップを支援する側の視点で議論した。ソフトウェアスタートアップと比べ、ハードウェアスタートアップが直面する資金やネットワークに関する難しさについて触れ、オンラインプラットフォームの重要性について互いの意見を述べた。

多くのピッチイベント等のイベントが行われているが、一度きりのイベントではなく、継続的なコミュニティを実現したかったので Hardware Massive を立ち上げた。競争ではなくコラボレーションを意識しており、オープンな姿勢を非常に大切にしている。(Greg 氏)

今日、さまざまなオンラインプラットフォームが乱立しているが、この Hardware Massive のオープンな姿勢はこれからのハードウェアスタートアップに欠かせない存在となり得るだろう。最後に Greg 氏は日本のスタートアップに向けて、次のようにメッセージを送った。

孤立化を避けオープンでありつつ、失敗を恐れずに世界へと挑戦するべきだ。

続いて、登壇者の一人である PLENGoer Robotics  の富田敦彦氏が、同社が開発した「PLEN Cube」についてのプレゼンテーションを行った。

私はテクノロジーが人間に取って代わるとは思いません、人間の生活を豊かにするものです。

彼はそのような思いから、手のひらサイズに収まり、我々の生活の中で記録し、共有したい重要な瞬間を逃さず捕えてくれるアシスタントロボット PLEN を開発したと述べた。彼のチームは、我々の生活をより楽しませてくれるプロダクトの開発を実現しようとしている。

<関連記事>

ハードウェアスタートアップにとっての困難と挑戦

そして、いよいよ最後のパネル「Challenges for Hardware Startups」を迎えた。大阪のコワーキングスペース The Deck の森澤友和氏をファシリテーターに迎え、 NAIN の山本健太郎氏、LifeChair の Karlos Ishac 氏、そして PLENGoer の富田敦彦氏の3人がそれぞれのスタートアップの取り組みや、今後の展望を語り合った。このセッションではオンライン上で質問を受け付けるサービス sli.do を用いてオーディエンス側からの質問を受け付けた。

森澤氏がクラウドファンディングに関しての質問を投げかけたところ、PLENGoerの富田氏は、

重要な取り組みではあるが、支援者が増えることでチームのメンバーが満足してしまい、今後の取組に支障が出てくる危険性がある。

と答え、彼の視点は斬新であり非常に興味深かった。

また、会場からは「学生時代に行うべき活動へのアドバイスを受けたい」との質問が上がり、現役の学生である Lifechair の Karlos 氏は、「できる限り早い段階でスタートアップのコミュニティに触れるべき」とアドバイスを将来の起業家へのエールとした。

「チームをモチベートするためにどうしているか?」といった質問に関しては、NAIN の山本氏は

私を始めとしてチームの皆も怠け者であり、だからこそ便利なプロダクトの開発を行いたいと思った。

とユニークな回答をし、各社の特色が際立つセッションとなった。

3人の起業家は、それぞれのスタートアップが次のステップに向かうために、資金調達およびクラウドファンディングの達成、そして最終的なプロダクトの完成などが必要であると述べ、このセッションを締めくくった。

----------[AD]----------