工事現場の業務用写真共有アプリ「Photoruction」のCONCORE’Sが総額約1億円の資金調達を実施、サービスを正式リリース

SHARE:

2017-07-03 11.00.20

建築業向けの写真共有アプリ「Photoruction(フォトラクション)」を運営するCONCORE’Sは7月4日、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先はジェネシア・ベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、個人投資家および既存株主のプライマルキャピタル。

今回の資金調達は同サービスの正式版リリースに合わせたもので、調達資金で開発体制やカスタマーサポート体制の強化へ取り組む。同社は2016年7月にシードラウンドで資金調達を実施、2017年2月にはBASE CTOの「えふしん」こと藤川真一氏を技術顧問に迎えている。

<関連記事>

Photoructionは建築や土木生産者がスマートフォンで撮影した工事現場の写真をクラウド上で整理・共有してくれるサービス。建設工事における写真撮影や整理、管理といった作業にかかかるコストを削減する。今後はサービスの機能強化および周辺領域へ事業を拡大させていくことで、総合的な建設生産のためのプラットフォーム構築を推進していく。

 

----------[AD]----------