BRIDGE

タグ Photoruction

建設土木の生産支援クラウド「Photoruction」が5.7億円を調達、利用現場は5万プロジェクトに

SHARE:

建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction」の開発、運営を行うフォトラクションは5月27日、未来創生2号ファンド、DBJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル及び個人投資家を引受先とする第三者割当増資により、総額 5.7 億円の資金調達を完了したと発表した。 資金は基幹事業であるPhotoructionの開発体制や顧客サポート体制の強化、マーケティング費用に充てるとともに、建設業特化…

建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction」の開発、運営を行うフォトラクションは5月27日、未来創生2号ファンド、DBJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル及び個人投資家を引受先とする第三者割当増資により、総額 5.7 億円の資金調達を完了したと発表した。

資金は基幹事業であるPhotoructionの開発体制や顧客サポート体制の強化、マーケティング費用に充てるとともに、建設業特化 AI「aoz cloud」を活用した建設BPO事業の立ち上げ資金として活用するとしている。

建設・土木の生産支援クラウドPhotoructionは、工事写真の管理サービスとしてスタートし、現在は、図面管理や工程管理などの写真管理以外でも活用や3次元CAD(BIM)ビューワーや基幹システム連携なども取り入れている。4月時点で活用されている建設プロジェクトは5万件を超え、スーパーゼネコンから町の工務店まで、建設業および関連する企業など規模や職種に関わらず活用されている。また、全国の工事現場だけでなく、アジア諸国を中心に海外工事現場での施工管理にも活用されているという。

また、同社が開発する建設産業特化の AI エンジン「aoz cloud」を活用した新サービスを用意しており、建設業の雑務をPhotoruction経由で請負うことが可能となるとしている。現在限定的に試験運用しているという。

via PR TIMES

2.5万の建設現場が導入、建設クラウドのフォトラクションが1億円の資金調達ーー中島氏に聞くカスタマーサクセスの裏側

SHARE:

建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction」を提供するフォトラクションは3月29日、利用する現場数が2万5000件を突破したことを伝えている。また、これに合わせ、第三者割当増資の実施も公表した。 引受先となったのは既存投資家のジェネシア・ベンチャーズ、SMBC ベンチャーキャピタル、みずほ キャピタルの3社で、調達した資金は1億円。出資比率などの詳細は公開されていない…

photoruction

建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction」を提供するフォトラクションは3月29日、利用する現場数が2万5000件を突破したことを伝えている。また、これに合わせ、第三者割当増資の実施も公表した。

引受先となったのは既存投資家のジェネシア・ベンチャーズ、SMBC ベンチャーキャピタル、みずほ キャピタルの3社で、調達した資金は1億円。出資比率などの詳細は公開されていない。また、同社はこれに先立って、あいおいニッセイ同和損害保険と共同で、建設業のサイバーセキュリティを担保する保険商品の提供も開始している。

フォトラクションの前回調達は2017年7月。β提供を経て、2017年11月から提供を開始しているPhotoructionを導入する累計の建設現場は2万5000件に拡大した。同社公表によれば、大成建設や矢作建設工業など大手含め、設計事務所や工務店など利用企業の幅も広がっている。

Photoructionは建設現場の写真共有を通じて、現場で発生するデータの一元管理を実現した。これまでは特に施工のフェーズを中心に効率化を進め、生産性に関して資料管理コストを10分の1に削減(作業員一人当たりの時間を9時間短縮)するなどの効果をあげている。

今後も現場の人手不足が予想されることから、これまで手がけてきた施工以外の設計や調達などの別フェーズについても効率化を進める。

本誌では同社代表取締役の中島貴春氏にショートインタビューを実施し、成長の背景について伺った(太字の質問は全て筆者、回答は中島氏)。

photoruction_002.JPG
フォトラクション代表取締役の中島貴春氏

2.5万現場への導入に至った経緯、成功の要因は

中島:もちろん様々な要因はありましたが一番は、単純に機能がユーザー様の求める内容に追いついてきたことがあります。これまでのフォトラクションのメインターゲットは戸建以外の中〜大規模の建築を建てる企業様で、大きなものを建てることもあり業務内容は非常に多岐に渡ります。そのため、βテスト時やリリース当初は機能不足なこともあり、何年も前から展開してるパッケージソフトに勝てないこともありました。

なるほど

中島:特にバーティカルSaaSの場合は関連する業務が10あると1つでも出来ないとローカルに戻ってしまうんですね。そのためセールスやPRに力を入れるタイミングを見極め、プロダクト作りに集中してきたことが結果的に成長速度を速めたかと思います。

通常、こういった状況だとオンボーディング施策として勉強会など手のかかる方法を選ぶことが多いと聞く。カスタマーサクセスで気をつけたことは

中島:私たちが目指すカスタマーサクセスは顧客の大成功であり、単純な成功ではありません。プロダクトの価値を正確にユーザー様へ伝えるために一緒に成功する、いわゆる成功するプロセスを見せることに力を入れています。

口コミは同じくコンストラクションテックを手がけるオクトも同様のことを話していた

中島:管理者である導入担当者は現場にとってより良いツールをと思い検討しますが、現場からしてみれば、新しいツールに慣れるのに時間も労力もかかると想いがすれ違ってしまうことも少なくありません。

そのため管理者と現場でのフィット&ギャップが起こりやすくなり、導入しても期待していた効果につながらないと言ったことになります。

具体的には

中島:そこで私たちは現場と管理者の両者がサクセスできる道筋を創ることを大事にしています。管理者へは導入前から現場の要望や意見の吸い上げをお願いし、どこに問題点があるのかを明確化した上で期待するサクセスへの戦略を練っていきます。

例えば吸い上げた内容から現場の業務フローの合わせたマニュアルを作成し、操作説明会を行う事で実務をイメージしやすくオンボーディングがしやすくなります。また、定量的なレポートを月次で出させて頂き、ユーザーや現場、機能毎のアクティブ率を可視化して費用対効果を測りながら管理者と更に効果を出す戦略を練ると言うことを実施しています。

結果的に利用が拡大した

中島:人の手が加わった現場サポートとデータを駆使した管理者への提案により、高アクティブ率を維持した状態で生産データの蓄積、将来の工事に活用をしやすい環境を創るノウハウを溜めていった結果、継続率100%を保つことができています。

話題を少し変えて、フォトラクションが目指すビジョンを聞きたい。現在の成功をステップに見えてきた世界は

中島:私たちはフォトラクションを単なるツールから、建築物を建てるための新しいテクノロジーに昇華させていきたいと考えています。建設産業で起きた最後の革命は実はコンクリートやガラスで、産業革命によって工業生産された材料で建てられるようになったことで大幅に生産力が向上しビジネスとして大きく発展しました。

今ではコンクリートやガラスを使ってない建物を探す方が大変だと思います。フォトラクションも情報革命時代の必須な材料になることを目指していますし、企業体としても「建てる」ための協力会社として機能していきたいと考えています。

データが重要なキーになる

中島:「建てる」ために必要なデータが集まる箱として提供し、よりリアルに影響を与えるところはデータ連携含めて、他の企業と一緒に進めていってます。そういった外部との取り組みに関しては昨年から、色々と仕掛けをしていまして、早ければ来月から順次発表できると思うので楽しみにしていてください。

工事現場の写真共有アプリ「Photoruction」がDropbox Japanと協業、連携ソリューションを提供

SHARE:

建設業の生産支援ソフト「Photoruction(フォトラクション)」を提供するCONCORE’Sは6月18日、Dropbox Japanと協業し、連携ソリューション「Photoruction Dropbox Connector」の提供および共同での営業・マーケティング活動を開始すると発表した。 「Photoruction Dropbox Connector」は、建設業の生産支援ソフトPhotor…

photoruction_002

建設業の生産支援ソフト「Photoruction(フォトラクション)」を提供するCONCORE’Sは6月18日、Dropbox Japanと協業し、連携ソリューション「Photoruction Dropbox Connector」の提供および共同での営業・マーケティング活動を開始すると発表した。

「Photoruction Dropbox Connector」は、建設業の生産支援ソフトPhotoructionとクラウド型共同作業プラットフォームDropboxの法人版Dropbox Businessが連携したソリューションで、6月から提供される。料金は利用人数に応じて3プラン用意されている。

Dropbox BusinessおよびPhotoructionに保存されているファイルを双方で活用することができるようになるほか、プロジェクト情報がDropboxフォルダと連動し、ユーザーやフォルダの権限などが自動的に設定されるようになる。また、Photoructionにアップロードした写真や図面データが自動的にDropbox Businessにも保管される。

これにより、建設プロジェクトにおけるデータ共有および業務効率化のための情報基盤を低コストで整備することが可能となる。クラウドでデータを一元管理することでNASサーバなどのハードウェアも必要なくなる。

via Photoruction

工事現場の業務用写真共有アプリ「Photoruction」のCONCORE’Sが総額約1億円の資金調達を実施、サービスを正式リリース

SHARE:

建築業向けの写真共有アプリ「Photoruction(フォトラクション)」を運営するCONCORE’Sは7月4日、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先はジェネシア・ベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、個人投資家および既存株主のプライマルキャピタル。 今回の資金調達は同サービスの正式版リリースに合わせたもので、調達資金で開発体制やカスタマーサポ…

2017-07-03 11.00.20

建築業向けの写真共有アプリ「Photoruction(フォトラクション)」を運営するCONCORE’Sは7月4日、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先はジェネシア・ベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、個人投資家および既存株主のプライマルキャピタル。

今回の資金調達は同サービスの正式版リリースに合わせたもので、調達資金で開発体制やカスタマーサポート体制の強化へ取り組む。同社は2016年7月にシードラウンドで資金調達を実施、2017年2月にはBASE CTOの「えふしん」こと藤川真一氏を技術顧問に迎えている。

<関連記事>

Photoructionは建築や土木生産者がスマートフォンで撮影した工事現場の写真をクラウド上で整理・共有してくれるサービス。建設工事における写真撮影や整理、管理といった作業にかかかるコストを削減する。今後はサービスの機能強化および周辺領域へ事業を拡大させていくことで、総合的な建設生産のためのプラットフォーム構築を推進していく。

 

建設業のスマート化を目指す「Photoruction」運営、BASE 現役 CTO の藤川氏を技術顧問に

SHARE:

ペパボマフィアと呼ばれたのももう昔、BASE 現役 CTO として活躍中のエンジニア、えふしんさんが Photoruction のアドバイザになるそうです。

36A50A94-A12F-4DBC-9C75-9A8AAFC6CA74
写真左から:CONCORE’S 代表取締役の中島貴春氏と「えふしん」こと藤川真一氏

建設業向けに工事現場の記録写真業務を効率化する「Photoruction」を提供する CONCORE’S(コンコアーズ)は2月13日、BASEの現取締役 CTO で、モバツイなどの開発者、起業家としても知られる藤川真一氏が技術顧問に就任したと発表した。

同社は昨年11月から提供中のベータ版サービスに画像認識技術等を活用することで業務範囲を拡大し、建設現場の生産性を効率化するプラットフォーム構築に取り組みたいとしている。Photoruction については先日取材したこちらの記事を参照されたい。

藤川氏はメーカーやウェブ制作などを経験した後の2006年に paperboy&co.(現 GMOペパボ)に参加。ショッピングサービス開発などに携わりつつ、当時、日本でも利用が始まりつつあった Twitter のフィーチャーフォン向けクライアント「モバツイ」を個人で開発し、運営会社を創業するなど起業家としての顔も持ち合わせる人物。2014年からはインスタントコマース「BASE」CTO に就任している。

藤川氏と CONCORE’S 代表取締役の中島貴春氏は起業家育成プログラムで知り合い、また、大学も同じであったことから意気投合したということだった。

「建築の大企業を出てチャレンジするという流れがとても興味深かったのと、前回の京都の IVS ローンチパッドで4位入賞と想像以上に順調にきているのをみて話をしたのがきっかけです。

個人的に理系中堅大学の新卒はとても真面目な子が多くて、既存の大企業や SIer に入社する流れがまだまだ主流だと思っています。ただ、そういう人たちでもネット業界に目を向きたくなるような成功事例が必要だと思っていて、その意味においても中島さんには成功して欲しいと考えています」(藤川氏)。

やや気になったのが現在、フル稼働中の BASE との棲み分けだ。

「基本 CONCORE’S とはリモートで関わります。Slack を通じて連絡を取りながら、github でリアルタイムのソースコードを追いかけられる状態というイマドキの技術顧問の関わり合い方でアドバイスをしていこうと思っています。多分、渋谷にオフィスを構えるんじゃないかと思うので、いつでも行けますしね」(藤川氏)。

国内のスタートアップエコシステムを考える上で技術者の力は本当に重要だ。さらに技術だけでなく、スタートアップという特殊環境での経営判断はやはり経験したものでなければなかなか伝えられない。こういった経験値のシェアが広がることで国内エコシステムの厚みが増すことも期待したい。

建築現場の「アレ」をスマホで効率化する「Photoruction」、プライマルキャピタルからシード資金獲得

SHARE:

建設業向けの写真共有アプリ「Photoruction(フォトラクション)」を提供するCONCORE’S(以下、コンコアーズ)は12月5日、プライマルキャピタルを引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は1500万円で、現在テスト運用中のサービス開発強化を推進する。 Photoructionは建設現場で日々大量に撮影される「工事写真」をスマートフォンカメラで撮影し、クラウド上に管…

imgp2462

建設業向けの写真共有アプリ「Photoruction(フォトラクション)」を提供するCONCORE’S(以下、コンコアーズ)は12月5日、プライマルキャピタルを引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は1500万円で、現在テスト運用中のサービス開発強化を推進する。

Photoructionは建設現場で日々大量に撮影される「工事写真」をスマートフォンカメラで撮影し、クラウド上に管理・共有できるもの。同社代表取締役の中島貴春氏によれば、一般的なビル群で数千枚、渋谷ヒカリエのような大型建築になると15万枚という数の工事写真が撮影、管理されることになるという。

こういった記録写真は主にドッヂファイルのようなアナログ管理が今も一般的で、一部ベンダーから提供されるソフトウェアもあるものの、基本的には2001年に開始された電子納品という制度に対応する目的で作られたものが多く、いわゆる建築現場の効率化を求めたものではなかった。%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-8-37-43

中島氏は以前働いていた工務店で経験した建築現場でこの記録写真管理の不効率さに気がつき、Photoructionを開発するため2016年3月に運営会社となるコンコアーズを設立した。ステルス状態で半年間ほど開発とテスト運用を続け、現在は大手のゼネコンから地域特化型の工務店など70現場でのテスト利用が進んでいるという。

「建築物というのは一度建ててしまうと記録できなくなるのでとにかく大量に撮影するんです。しかも国の定めた基準があってこういう情報を撮影してください、というものが決まっているんです。ほら、工事現場で黒板を見たことありませんか?ああいうものに手書きで一個一個情報を書いて撮影し、事務所に戻ってファイルして整理しているんです。最後は紙でアウトプットするので経営資源になりづらい」(中島氏)。

なるほど、まさに発見と言えるだろう。実際のアプリは触れなかったが、紹介動画を見る限り、一般的なスマホカメラアプリが使えれば誰でも操作できそうなシンプルな構成になっていた。ITリテラシに課題のある市場の例としてはレストラン業界などがあるが、ここもスマートフォンを中心とするデバイスの変化で予約管理などのパラダイムシフトが起きている。建築現場でこれをやろうというのが彼らの挑戦なのだ。

クラウド側での共有機能もしっかりと作り込んでいる印象で、サービスを使っていない例えばクライアントのような相手に対しても写真情報を送って確認、指示を仰ぐことができるようになっている。

ひとつ気になったのが、ではこれを追加のコストを発生させて現場が使うのか?という点だ。料金設定はまだ公開されていないが、利用人数と建築規模、請負金額によって設定が変更される考え方で、中島氏によれば同サービスを活用することで一人当たりの工数が減らせるので「1日一人あたり1時間削減できればペイできる」という見当をしているということだった。

3人で開発しているというPhotoruction。非常にニッチなテーマではあるものの、伝統的な市場でありリプレイスが発生するとインパクトは大きい。20代の若い彼らがどこまでそこに食い込めるか、次の話題を待ちたい。