建設土木の生産支援クラウド「Photoruction」が5.7億円を調達、利用現場は5万プロジェクトに

SHARE:

建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction」の開発、運営を行うフォトラクションは5月27日、未来創生2号ファンド、DBJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル及び個人投資家を引受先とする第三者割当増資により、総額 5.7 億円の資金調達を完了したと発表した。

資金は基幹事業であるPhotoructionの開発体制や顧客サポート体制の強化、マーケティング費用に充てるとともに、建設業特化 AI「aoz cloud」を活用した建設BPO事業の立ち上げ資金として活用するとしている。

建設・土木の生産支援クラウドPhotoructionは、工事写真の管理サービスとしてスタートし、現在は、図面管理や工程管理などの写真管理以外でも活用や3次元CAD(BIM)ビューワーや基幹システム連携なども取り入れている。4月時点で活用されている建設プロジェクトは5万件を超え、スーパーゼネコンから町の工務店まで、建設業および関連する企業など規模や職種に関わらず活用されている。また、全国の工事現場だけでなく、アジア諸国を中心に海外工事現場での施工管理にも活用されているという。

また、同社が開発する建設産業特化の AI エンジン「aoz cloud」を活用した新サービスを用意しており、建設業の雑務をPhotoruction経由で請負うことが可能となるとしている。現在限定的に試験運用しているという。

via PR TIMES

----------[AD]----------