高品質&IoT家具のKAMARQ(カマルク)、不動産情報大手のLIFULLから約4億円を調達

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2017.11.22

高品質でインターネットにつながる家具ブランド「KAMARQ(カマルク)」を運営する KAMARQ HOLDINGS は21日、不動産情報大手 LIFULL(東証:2120)から資金調達したことを明らかにした。LIFULL の発表によれば、調達金額は4億円。KAMARQ にとっては、昨年3月に実施した3.5億円の調達に続くものだ。調達ラウンドなどについては確認中。

LIFULL は「LIFULL HOME’S」等の不動産情報サービスのほか、楽天とのジョイントベンチャーによるバケーションレンタル事業なども展開しており、IoT 家具事業との親和性が高いと判断したとしている。

KAMARQ は昨年6月、第一弾となる商品「SOUND TABLE」を発表し、同商品のプリオーダーをクラウドファンディングサイト「MAKUAKE」上で開始し、目標額2倍以上の約220万円を調達。この際、THE BRIDGE 英語版に掲載した記事やアメリカの VentureBeat に転載された記事が一助となり、今年4月、投資家で連続起業家の Jason Calacanis 氏が主宰するスタートアップ・カンファレンス LAUNCH Festival に参加、Smart Home 部門の世界から選ばれた7チームのファイナリストの1チームに選ばれピッチ登壇した。今年4月に実施した Kickstarter でのクラウドファンディングでは、3万シンガポールドル(約250万円)を調達してプロジェクトを成功させている。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------