タイ国家イノベーション庁とイスラエルAGW Groupが支援するアクセラレータSPARK、第2期から輩出された12チームの顔ぶれをを披露

SHARE:
Image Credit: Hanny Naibaho on Unsplash

タイのスタートアップの強化を狙い、タイ国家イノベーション庁(NIA)およびイスラエルの AGW Group から支援を受ける SPARK が3月30日に2回目のデモデイを開催した。

前回と同様に、このプログラムは8週間にわたる集中的なブートキャンプからなり、そこではスタートアップがサイバーセキュリティ、ビッグデータと解析、モノのインターネット(IoT)、フィンテック、ならびにスタートアップの法務と知的財産(IP)といったことのノウハウについて、AGW のイスラエル人メンターのネットワークにアクセスできる。

毎月のプログラムの中で優秀だった2つのスタートアップは、新たなパートナーシップを知り、人脈を築き、促進するために毎月開催される地域のカンファレンスに参加するチャンスが与えられる。これに加え、毎週 SPARK は前述の分野に関するワークショップに新たな指導者を招くよう取り組んでいる。これらのワークショップはスタートアップがより良いパフォーマンスを発揮できるよう、そして持続的かつ安定的な長期間のビジネスを構築できるようにするためのものである。

全部で50社もの申し込みの中から20社のスタートアップが3月30日朝のピッチまでたどり着いたが、その中の12社のみが第2バッチに選ばれた。厳しい選考過程であったが、審査員団は最終的に決断を下した。

以下が審査員団である

  • Eitan LaVie 氏(AGW Group、チェアマン)
  • Vichian Suksoir 氏(NIA、デピュティディレクター)
  • Monthida McCoole 氏(Cocoon Capital、投資パートナー)
  • Suthichai Yoon 氏(Kafedam Media Group、設立者)
  • Sam Promyotin 氏(Bangkok Venture Club、エグゼクティブディレクター)
  • Nichapat Ark 氏(NSI、アドバイザー)
  • Anix Lynch 氏(Expara、パートナー)
  • Barak Sharabi 氏(Infinity Technologies、CGS)

では、選ばれた12社のスタートアップを見ていこう。

1. Ooca(It’s Okay)

Ooca(It’s Okay)は自信と自尊心が持てるよう心理学者の専門的なカウンセリングアドバイスをライブで求める患者のための遠隔医療モバイルアプリケーションである。さらに、Ooca では予約を取ったりお勧めの医師をあらかじめ選んだりすることもできる。

2. MEiD

MEiD はクラウドベースのヘルスケアプラットフォームであり、リストバンドやその他の製品をキーとして世界中どこからでもアクセスできる。患者のデータや情報の身元を確認する手助けをする。主な機能は2つ、どんな時でも作動する緊急ボタンと、潜在的な病気の初期症状を記録する統合プログラム。

3. CAP Ranger

CAP Ranger は仕事を探す学生と、そういった学生を募集する企業を結ぶオンデマンドアルバイトプラットフォームである。応募者はオンラインで履歴書の提出ができる。

4. Happenn

Happenn はターンキーとホワイトラベルのプラットフォームを備え、イベント主催者の ROI を最大化することを目的としたイベントプラットフォームであり、参加者のエクスペリエンスやエンゲージメントを高めると共に観衆のインサイトやイベントのインパクトを把握するものである。

5. Kooup

Kooup は初の星占いデートアプリであり、星占いに関するアジア人の信心や考え方をユーザを引きつけるために使っている。古いタイ式占いや現代中国のオンラインマッチングまで広い範囲に及ぶアルゴリズムを通じて検索し、ユーザと他の誰かをマッチングさせるというプロセスである。

6. iVET

iVet はペット(主に犬と猫)のための開発中のイノベーティブな技術であり、獣医が手当てに関してアドバイスする際に使われることになる。付け加えるならば、iVet は Aquatrek,、Pet Well Suit、Flexzwheels などの製品で「PETANEER」というブランドを確立している。

7. ENRES(Energy Response)

ENRES はエネルギー最適化プラットフォームであり、その目的は IoT や AI 技術を使用してビルの電力消費を30%ほど削減できるよう手助けすることである。そのうえ、顧客はリアルタイムで勧告や通知を受け取ることができる。ビルの運用コストを節約できるというだけではなく、より持続可能な将来のためにエネルギー消費を抑えるよう協力することにもなる。

8. PRIMO

PRIMO はユーザが実際に所有しているクレジットカードやポイントカードが提供するプロモーションや特典を比較するアプリである。PRIMO はアルゴリズムを使いユーザの興味に基づいて付近のお買い得情報や最新のクーポン情報を勧め、それぞれのユーザに最適なキャンペーンを提案する。

9. Foodie

Foodie は次世代のフードテックプラットフォームであり、同社が独占する技術を使ってオンライン注文、顧客分析、ロイヤリティ、オートメーテッドキャンペーン、POS、連絡窓口、e コマースと決済を統合するものである。Foodie は現在様々なチェーン店のレストランで使われており、400以上の店舗を持つほかのチェーン店にも展開している。

10. Pastel Keyboard

Pastel Keyboard はサンリオのキャラクターなどのいろいろなテーマを提供する拡張キーボードである。タイでは Pastel Keyboard はトップ5の企業の一つにランキングされている。主な売りの一つは、ユーザにとって別のアプリに切り替えるという面倒が必要ないという点である。

11. CloudCommerce

CloudCommerce は越境 e コマースと、プラットフォームビジネスモデルとして API 技術を使う e ロジスティクスのためのプラットフォームである。顧客は複数の目的地に合わせてリストから様々なクーリエを設定することができる。配送は航空便で行われる。

12. OneChat

OneChat は自動化された e コマースプラットフォームであり、企業が顧客にメッセージを送る手助けをするものである。多言語対応で、返信速度は1分で自動的に行われる。1日に23万を超えるメッセージが OneChat を使っている。主なユーザは中小企業で、過去1年間で250万以上のチャットの返信に使われた。

参加したが選ばれなかった、他の8つのタイのスタートアップは以下である。

  • Kaojao(チャットボットプラットフォーム)
  • MuayThaiOK(ムエタイトレーニング教室のための新たなマーケットプレイス)
  • POS vision(オムニチャネル販売共有プラットフォーム)
  • Pushthetraffic(中小企業向けに特化したクラウドシステム)
  • RubBUDD(全てのデジタルな支払いを統合する決済プラットフォーム)
  • Rynya(化粧品セットの定期購入)
  • Vendday(オンラインショップの小売ソリューション)
  • Welly(付近の理学療法士を頼めるプラットフォーム)

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------