ARスタートアップのプレティア、渋谷を舞台にしたAR謎解きゲーム「サラと謎のハッカークラブ」を8月4日から開催へ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.7.19

Image credit: Pretia

東京を拠点とする AR スタートアップのプレティアは19日、スマートフォンを使った AR 謎解きゲーム「サラと謎のハッカークラブ」を8月4日から4ヶ月間にわたって開催すると発表した。本日から同ゲームの予約(一般チケット販売)が開始された。

「サラと謎のハッカークラブ」は、渋谷を舞台としたSFストーリーをベースとしている。本ゲーム限定オリジナルアプリ「HackPad」を使って遊ぶ AR 謎解きゲームで、プレイヤーはストーリーにしたがって実際に渋谷の街を歩き回り、チャットやカメラを駆使してミッション達成を目指す。

プレティアは同ゲームのローンチに先立ち、6月から7月上旬にかけ Makuake でクラウドファンディングを実施、目標額の35万円を大幅に上回る62万円あまりを調達しキャンペーンを終了した。「神撃のバハムート」や「チェインクロニクル」など、有名作品を数多く手がける碧風羽(みどり・ふう)氏がキャラクターデザインを担当していることもあり、前評判も上々のようだ。

ゲームに参加できるのは8月4日〜11月4日までの3ヶ月間の8時から18時までで、最終のゲームスタート時刻は16時20分。渋谷駅前・金王坂の岡崎ビルからスタートし、制限時間90分以内にミッションを達成することが求められる。料金は平日1,290円、休日1,990円(税込)。参加人数に制限はないが、プレティアでは複数名でのゲーム参加を推奨している。

プレティアは2014年7月、東京大学の起業サークル TNK の代表を務めた牛尾湧(うしお・ゆう)氏らにより設立。昨年には、IBM BlueHub インバウンドTokyo VR Startups 第3期に採択されている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------