タスク管理「Jooto」がリニューアル、かんばん方式で仕事を見える化、Googleカレンダーとの連携も

SHARE:

jooto.gif

プレスリリース配信サービスを運営するPR TIMESは7月18日、同社の提供するタスク管理ツール「Jooto(ジョートー)」のリニューアルを公表した。管理できるプロジェクトの数やユーザー数、容量などの制限によって無料から有料まで5つのプランが用意されている。公表されている利用者数は1万社、利用ユーザー数は13万人になる。

新しくなったJootoはいわゆる「かんばん方式」を採用したプロジェクトとタスク管理サービスで、ユーザーは「仕事の状況リスト」を作成し、そこに作業している内容をカードとして追加していく。作業内容の進行に合わせてカードを次のリストに移すことで、一緒に仕事をしているチームメンバーが今、何をやっているのか見える化することができるようになる。今後のアップデートでは管理者やメンバーなどユーザーの管理権限が分けられるほか、Slackとの連携も計画されている。

なお、同様のサービスとしてはソフトウェア企業のAtlassianが2017年に買収したTrelloが挙げられる。

リニューアルについてはロゴなどのブランドが一新されたほか、サブタスクや独自カレンダーの廃止など機能の見直し、通知機能やヘッダーなどのユーザーインターフェース(UI)、タスク管理機能の改善など大幅な変更が施された。なお、廃止された独自カレンダーについてはGoogleカレンダーとの連携で機能強化を実現している。

Jootoの公開は2014年。2017年10月にはPR TIMESに事業譲渡を実施して今回のリニューアルに取り組んでいた。なお、サービスの改善についてはJooto事業部だけでなく、UI改善を手がけるグッドパッチもチームに参加している。

via PR TIMES

※情報開示:THE BRIDGEは2018年4月からPR TIMESのメディアとして運営されています。

----------[AD]----------