香港の物流スタートアップGoGoVan(高高客貨車)、2.5億米ドルをシリーズC調達——Alibaba(阿里巴巴)傘下の同業Cainiao(菜鳥)も出資

by Tech in Asia Tech in Asia on 2018.7.18

GoGoVan
Image credit: GoGoVan

ラストマイル配送スタートアップの GoGoVan(高高客貨車) は2.5億米ドルの資金調達を実施し、アジアの物流スタートアップとしては最大の調達額となる第一段階に達した。このラウンドは北京を拠点とするプライベートエクイティ企業 InnoVision Capital(華新投資)がリードし、ロシア・中国向けファンズ・オブ・ファンド Qianhai(前海母基金)と、GoGoVan が昨年8月に統合した中国の物流スタートアップ 58 Suyun(58速運)の親会社 58.com(58同城)が参加した。この際の経営統合で GoGoVan のバリュエーションは10億米ドルを超え、香港初のユニコーンとなった。

Alibaba の物流部門である Cainiao Network(菜鳥)も今回の出資に参加した。Cainiao は5月、中国から世界のあらゆる場所に72時間で荷物を送り届け、中国の物流コストを GDP の15%から5%にまで下げることを目標に、世界の物流業界に156億米ドル(1,000億人民元)を投じることを明らかにしている

GoGoVan の共同創業者で CEO の Steven Lam 氏は、今回調達した資金が、新市場への進出やサービスメニューの拡大に使われると語った。後者については、「小型アイテムの需要を満たすべく、ドアツードアのサービス」を提供すると、Lam 氏は付け加えた。

今回の GoGoVan の調達は、アジアのレイターステージ物流スタートアップ各社による一連の大規模資金調達の中で最新のものだ。GoGoVan の香港における同業 Lalamove は昨年10月に実施したシリーズ C ラウンドで、Xiaomi(小米)代表の Lei Jun(雷軍)氏が創業した Shunwei Capital(順為資本)のリードにより、1億米ドルを資金調達している。シンガポールの Ninja Van は、今年初めシリーズ C ラウンドで8,700万米ドルを調達した。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------