人に優しいロボット開発「Yoki」がNowより資金調達、年内の発表目指す

SHARE:

yoki.jpg

ロボット開発の「Yoki」は8月1日、家入氏が代表務める投資ファンド「Now」より資金調達を実施したことを公表している。調達金額は非公開。

Yokiは2017年2月創業のロボット開発を手がけるスタートアップ。個人にパーソナライズされた人に優しい情報端末を検討しており2017年12月に製品デザインが決定。現在「HACO」というロボットと「HACREW」というロボット開発環境の開発を進めており、本年度中のリリースを予定している。

今回の資金で開発体制の強化を図る。今後は、NOWのパートナーやアドバイザリーボードから支援を受けるほか、NOWが設置予定のコワーキングスペースも拠点として活用する予定。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録