BRIDGE

タグ 日経

ケップル、日本経済新聞社などから総額2.7億円の資金調達ーースタートアップと大手企業をファイナンス実務支援で繋ぐ

SHARE:

投資家向けにファイナンス実務支援ツール「FUND BOARD」を運営するケップルは12月4日、日本経済新聞社および複数の個人投資家より資金調達を実施したことを公表した。調達金額は総額2.7億円で、うち2.5億円を日本経済新聞社が出資している。株式比率や払込日などの情報は公表されていない。 ケップルはスタートアップを中心にバックオフィス支援をするKeppple会計事務所の代表取締役である神先孝裕氏に…

2018-12-04 7.21.57
写真左よりケップル代表取締役の神先孝裕氏、日本経済新聞社常務取締役デジタル事業担当 日経イノベーション・ラボ所長の渡辺洋之氏

投資家向けにファイナンス実務支援ツール「FUND BOARD」を運営するケップルは12月4日、日本経済新聞社および複数の個人投資家より資金調達を実施したことを公表した。調達金額は総額2.7億円で、うち2.5億円を日本経済新聞社が出資している。株式比率や払込日などの情報は公表されていない。

ケップルはスタートアップを中心にバックオフィス支援をするKeppple会計事務所の代表取締役である神先孝裕氏により設立された。同社はスタートアップと投資家を結ぶファイナンス実務管理ツール「FUND BOARD」を2017年7月にベータリリース。2018年4月には個人投資家を中心に総額3000万円の資金調達を実施している

スクリーンショット 2018-12-04 8.41.28.png

現時点で同サービスは投資家向けアカウントのみがローンチされている状況だ。ベンチャーキャピタルをはじめ、事業会社など十数社に導入されている。投資先の情報やステータスの一覧管理、投資検討中企業の管理が可能で、エクセルで実施されているような投資管理を効率化する。

今回の調達資金は来年春頃にローンチ予定のスタートアップ向けアカウントや既存提供サービスの機能開発の人件費に充当。また、今後は日本経済新聞社と連携してイベントの開催やコンテンツの共同制作、配信も視野にいれている。

ケップルへの出資について日本経済新聞社の渡辺洋之氏は次のように話す。

「優秀な若者が進んでスタートアップ業界を選ぶように、人材の流動性からみてもベンチャーブームが起きいます。FUNDBOARDが成長する中でベンチャーキャピタルや大企業などん投資家とスタートアップが集まる場所になる。この繋がりを広げていくことは、弊社の媒体の読者にも価値があることだと考えています」(渡辺氏)

日本経済新聞社としては、今後「スタートアップとの協業という側面で出資を検討していく方向」ということだ。神先氏は、大企業や事業会社のアカウント支援を手前の段階でしていくと示している。この推進に対しては「ただ繋がるのでなく、お互いの存在を理解し合うことが必要」(神先氏)と話しており、橋渡し的な役割を目指す。

「note」運営のピースオブケイクが日本経済新聞社らを引受先とした総額4億円の資金調達、日経とのコンテンツ連携も

SHARE:

クリエイターのためのコンテンツ配信サービス「note」や閲覧用プラットフォームの「cakes」を運営するピースオブケークは8月4日、日本経済新聞社と資本業務提携を締結したことを発表した。 また、2018年7月には日本経済新聞社、日本ベンチャーキャピタル、新潟ベンチャーキャピタルを引受先とした第三者割当増資を実施していたこともあわせて公表。調達金額は総額約4億円で、日本経済新聞社がそのうち約3億円を…

スクリーンショット 2018-08-04 19.11.44.pngクリエイターのためのコンテンツ配信サービス「note」や閲覧用プラットフォームの「cakes」を運営するピースオブケークは8月4日、日本経済新聞社と資本業務提携を締結したことを発表した。

また、2018年7月には日本経済新聞社、日本ベンチャーキャピタル、新潟ベンチャーキャピタルを引受先とした第三者割当増資を実施していたこともあわせて公表。調達金額は総額約4億円で、日本経済新聞社がそのうち約3億円を出資している。その他の株式比率や払込日などの情報は非公開だ。

今回の資本業務提携にあわせて、日本経済新聞社の常務取締役である渡辺洋之氏は同社の社外取締役に就任した。また同社が運営するnoteと日本経済新聞社の日経間のコンテンツ連携を予定。サービスの共同開発も視野に入れている。

2011年12月に設立されたピースオブケイク。2013年4月には新生銀行の100%子会社である新生企業投資および磯崎哲也氏が共同運営するフェムトグロースキャピタル、ジャフコを引受先とした総額3億円の第三者割当増資を実施している

via piece of cake

東京・日本橋で、AG/SUM(アグリテック・サミット)が開催——日米スペインのスタートアップ7社が、日経賞・みずほ賞を獲得【ゲスト寄稿】

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら。 AG/SUM 2018 は6月11日、江戸時代から薬祖神社のお膝元である東京・日本橋で開催された。AG/SUM の主要スポンサーでもある三井不動産が再開発するこの地域は、くすりミュージアムを併設する第一三共から、新しい国際本社ビルをオープンした武田薬品工業ま…

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら


AG/SUM ピッチラン参加者のみなさん
Image credit: “Tex” Pomeroy

AG/SUM 2018 は6月11日、江戸時代から薬祖神社のお膝元である東京・日本橋で開催された。AG/SUM の主要スポンサーでもある三井不動産が再開発するこの地域は、くすりミュージアムを併設する第一三共から、新しい国際本社ビルをオープンした武田薬品工業まで、さまざまな製薬会社が集積している場所だ。3日間にわたって開かれた AG/SUM は、日本経済新聞が新たに立ち上げた一連のサミットイベントの一つだ。

日経はもともと、金融や規制にフォーカスしていたが(FINSUM/REGSUM)、現在は2020年の東京オリンピックやパラリンピック、来年のラグビーワールドカップを受け、ビジネス活動の拡大を見据えたライフサイエンスや交通などの分野に狙いを定めつつある。AG/SUM ではシンポジウム、展示会、スタートアップピッチラン、リバースピッチに加え、メイン会場となった日本橋ライフサイエンスビルや日本橋三井ホールから、東京メトロ銀座線・半蔵門線の三越前駅や、日本橋案内所にも程近い JR 新日本橋駅へと続く地下通路では、屋台が並ぶマルシェが開かれていた。

AG/SUM リバースピッチの様子
Image credit: “Tex” Pomeroy

ピッチランには6月12日の午前・午後2つのパートにわけて26社が登壇し、同日の夜にはリバースピッチが行われた。参加者たちは、日経賞やみずほ賞(稲穂の豊富な収穫を意味する言葉を冠した、みずほ銀行にちなんで名付けられた賞)の獲得を目指して争った。リバースピッチではより多く、参加者からのフィードバックやピッチ参加者へのフォローアップセッションがもたらされた。

午前セッションの審査員は、Plug and Play Tech Center の Seena Amidi 氏、World Innovation Lab の梶原奈美子氏、三井化学の浦木史子氏、日本経済新聞の村山恵一氏が務め、午後セッションの審査員は Bits x Bites の Matilda Ho 氏、RocketSpace の Shaina Silva 氏、ミスルトウの鈴木絵里子氏、ユーグレナの永田暁彦氏が務めた。みずほ銀行の大櫃直人氏は、午前・午後両方のセッションで審査員を務めた。

MUSCA 代表取締役の串間充崇氏
Image credit: “Tex” Pomeroy

みずほ賞を獲得したのは、すべての日本のスタートアップで、バイオテクノロジーによる自動接木のグランドグリーン、植物工場のプランテックス、insect-tech(昆虫テック)の MUSCA(ラテン語でハエの意)が受賞した。日経賞は、カリフォルニア大学バークレー校傘下の Sugarlogix、スタンフォード大学関連スタートアップの Agribody Technologies、ワイン畑支援技術プロバイダーの Biome Makers、非発酵ワインメーカー Ava Winery の4社が獲得した。

ワインに関して言えば、イスラエル(イスラエルからは汚染検出器を製造する Inspecto のみが出展していたが、膜分離活性汚泥法(MBR)を使った水耕栽培企業 FreightFarms は出展を辞退し、私はユダヤ教のコーシャー食品について質問する機会を失った)、中東(ハラル食品の市場が大きいトルコからは、農業金融サービス Tarfin と、NVIDIA を支援するセンサーデータプロセッサー Tarsens が出展)が参加していたほか、飲料製品の恩恵によく預かる筆者は、ダイエットに興味をそそられる AVA Winery に興味をそそられた。

来年はさらにイベントを拡大し、マルシェなどの一般人が参加できるスペースに、より多くの人を呼び込みたいとしている。例えば、今年の AG/SUM では、トルコのスタートアップたちは、より多くの情報交換を求めて月曜日の朝から晩まで出展していたし、南アメリカやアフリカはもとより、アジア太平洋地域などからも、より多くのスタートアップの参加が見られた。

長年の通説を覆した、日経のFinancial Times買収【ゲスト寄稿】

本稿は、フランス・パリを拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens によるものだ。フランスのスタートアップ・ブログ Rude Baguette への寄稿を、同ブログおよび著者 Mark Bivens からの許諾を得て、翻訳転載した。(過去の寄稿) The Bridge has reproduced this from its origina…

本稿は、フランス・パリを拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens によるものだ。フランスのスタートアップ・ブログ Rude Baguette への寄稿を、同ブログおよび著者 Mark Bivens からの許諾を得て、翻訳転載した。(過去の寄稿

The Bridge has reproduced this from its original post on Rude Baguette under the approval from the blog and the story’s author Mark Bivens.


nikkei_ft

先週木曜日、FT では何度にもわたって報道されているように、日本最大のメディア企業である日経は、Financial Times Group を Pearson から8.4億ポンド(約1,610億円)で買収する。ロンドンの世界的なニュース会社に対する、ギリギリのタイミングでのオファーはライバルらを驚かせ、 いくつかの通説を覆したと私は考えている。

通説その1: 「日本の企業は、ヨーロッパでの買収に興味がない」

ヨーロッパの人々が今でも、この通説に固執しているとは驚きだ。すでに数年前、NTTドコモ、ソフトバンク、楽天、リクルートによって、テック業界ではこれが事実ではないことが明らかになっている。だからこそ、私は、世界第3位の経済大国を見過ごさないよう、ヨーロッパのスタートアップに説明を続けているわけだ

通説その2: 「日経は外国企業を買収しない」

ヨーロッパのデジタルメディア企業の投資家の立場から、私は日経がイギリス拠点の世界情報誌 Monocle の株を取得したときから、日経に注目をし始めた。私がよく知る日本人らは、そのことをおかしいと指摘した。日経が海外を見続け、成長を伸ばしているのは大変うれしいことだ。

通説その3: 「オリジナルで良質のコンテンツは、もはやプレミアム感を生み出さない」

コンピュータによる自動広告買付がメディア分配の将来の形になるとの意見には一般的に賛同が得られているが、この場合、自動広告買付のプログラムは、広告の掲出先がオリジナルコンテンツなのか、アグリゲーション、キュレーション、コンテンツの再利用で生成されたサイトなのかは区別しない。日経は、より良質のニュースを、より高い広告料とマッチングさせる点で成功するだろう。

通説その4: 「日本の企業が買収に動くスピードは遅い」

日経は買収に触手を動かしていた競合、特にドイツの Axel Springer を出し抜き、最終的に最後の賭けに勝った。

通説その5: 「日本の報道機関は、(報道対象の)企業の力に対して気を遣い過ぎる」

この点については、今回の買収で間違いなくメリットを享受できる。FT が持つ無鉄砲な調査報道の文化に期待しよう。多くのメディアを賑わせたオリンパスの粉飾決算問題を明らかにしたのも FT だった。日本で次なる企業スキャンダルが起きたときに日経がより警戒されるメディアへとなる、分岐点になるのかもしれない。