不動産テックのEQON、評価の高い不動産エージェントに売買・賃貸借を直接仲介依頼できるサービス「EGENT(イージェント)」を正式ローンチ

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.1.30

EGENT
Image credit: EQON

東京に拠点を置く不動産テックスタートアップの EQON は30日、不動産エージェントを検索・仲介依頼できるサービス「EGENT(イージェント)」を正式ローンチする。住居不動産の売買・賃貸借を対象に、AI スコアリングで評価の高い不動産エージェントを紹介する。本日時点で120名以上のエージェントが登録しており、高級物件、遺産相続、収益不動産など、顧客の目的に応じて適切なエージェントが選べる仕組み。一部海外不動産を取り扱うエージェントや、外国語対応可能なエージェントの検索も可能だ。

一般的な不動産売買・賃貸借仲介サービスでは、不動産会社の窓口を通じて担当者が応対してくれるケースが多いが、優良な不動産物件ほど不動産情報ネットワークに流通せず、情報が特定のエージェントに帰属していることが多い。EQON ではこの状況を逆手にとって、顧客を評価の高い不動産エージェントに直接つなぎこむ仕組みを構築した。すでに複数の企業と協業に向け PoC を開始しており、不動産ポータルや VR 内見サイトとの連携も計画しているようだ。

同様に評価の高い不動産エージェントを直接紹介するサービスとしては、アメリカでは HomeLightUpNest、日本では fudopa が挙げられる。情報開示されている限りにおいて、2012年に創業した HomeLight はこれまでに総額5,500万米ドル、2013年に創業した UpNest は280万米ドルを調達している。

<参考文献>

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------