Open Network Labが第19期プログラムのデモデイを開催、現代アートの越境ECプラットフォーム「TRiCERA」が最優秀賞を獲得

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2019.10.8

東京のスタートアップ・インキュベータ Open Network Lab は8日、Seed Accelerator Program 第19期のスタートアップを披露するデモデイを開催した。このバッチには、日本の内外から合計107チームのエントリがあったが、中から6チームが選抜され3ヶ月間にわたってメンタリングや支援を受けることとなった。

なお、6チームのうち、ステルスや要追加検証などの理由で2チームについては公開されず、4チームがデモデイでピッチした。デモデイの最後には、主要メンターやデモデイに参加した聴衆らによる審査投票でチームを表彰した。

デモデイでは、以下の審査員4名による審査をもとにチームが表彰された。

  • 林郁氏(デジタルガレージ 代表取締役社長兼グループCEO)
  • 畑彰之介氏(カカクコム 代表取締役社長)
  • 村上敦浩氏(カカクコム 取締役)
  • 上原健嗣氏(DG インキュベーション マネージングディレクター)
  • 佐々木智也氏(デジタルガレージ執行役員)

【Best Team Award】TRiCERA by TRiCERA

TRiCERA(トライセラ)は、国内アーティスト向けに海外コレクターへの販路を提供する、現代アートの越境 EC プラットフォーム。日本でも、トップアーティスト100人程度は特定のギャラリー経由で作品を海外販売しているが、大多数のアーティストはそのようなアクセスがなく、国内販売だけでは市場が小さく生計を立てられない人が多い中、彼らに事業機会を提供する。

作品の海外販売時に課題となる多言語での作品説明や価格交渉、煩雑な海外への発送手配業務といった課題を代行してくれる。TRiCERA では4カ国語でオンラインサポートを提供し価格交渉を代行。自社のアート専用倉庫に作品を預かることで、保管から出荷、通関手続までを一気通貫で対応してくれる。

現在、作品数は2,000点ほどを集めており、海外からのサイト登録者(コレクター)は850人、GMV は累計1,000万円。TRiCERA が取り扱った取引について、TRiCERA は30〜40%程度の手数料を徴収する。将来は、作品の保管場所に困るコレクター向けに C2C リセール、レンタルサービスなども提供する。

【Audience Award】precal by Precal

precal(プレカル)は、薬局向けの処方箋入力代行サービス。創業者は大手薬局チェーンでの勤務経験を生かし、現在自らも薬局を経営している。調剤薬局は薬を販売する際、病院が作成し患者が持ち込んだ処方箋をデータ入力、薬を準備し、薬を患者に渡し、薬歴を記録する、という業務が発生する。この際、最も作業負担となるのが処方箋入力で、1店舗1日あたり4時間かかるという。

本来であれば事務員が対応すべき業務だが、実際には薬剤師が対応していることが多い。処方箋には項目が多く、フォーマットが病院によりバラバラであるため煩雑だからだ。precal は薬剤師を支援する遠隔代行入力サービスで、薬局にある端末で処方箋をスキャンすると、precal はそれを OCR 処理し、人が補正し、患者向けのデータと薬局用のデータを薬局に返却する。

precal は薬剤師により監修されていること、また、2万病院分の処方箋テンプレートを用意しているため、数多くの病院の異なるフォーマットの処方箋に対応できる。6社がテスト運用に参加し、17社が事前登録済。将来は、全国に6万店舗ある薬局を対象に、売上の7割が3ヶ月後に入金される問題を解決するファクタリングサービス、医療保険の請求業務の代行サービスの提供なども計画している。

waterX by Water X Technologies

waterX(ウォーターエックス)は、中国市場向けに温水洗浄便座のダイレクト販売を提供。中国市場においては、商品検討(選ぶのが面倒)、設置できない、アフターケアなどが課題となる。中国人が求める二大機能シャワー洗浄と暖房便座に機能を絞り込み、わかりやすい設計の便座を開発した。

WeChat(微信)でのカスタマーサポート、30日以内返金保証などによりを提供する。将来的には、洗浄剤や芳香剤とのトイレタリー製品のサブスクリプションサービス、尿成分などの分析によるヘルスケア領域への拡大も図る。中国における温水洗浄便座の普及率は2.5%と低く、その分、事業機会も大きいという。

Daysk by Curio

Daysk(デイスク)は、レストランやカフェ、アートギャラリー、神社をはじめとしたあらゆるスペースを席単位で予約できるサービス。集中作業、取引先との商談、部下との面談など、社外で席を確保したい機会はある。しかし、カフェやコワーキングでは場所が見つからないことも多い。貸し会議室は殺風景で、外部の人とコミュニケーションするには雰囲気が適切でないこともある。

Daysk では、席ごとに Wi-Fi、電源有無、喫煙の可否などを席単位で確認でき、検索・予約・事前決済によるキャッシュレスで利用可能。スペース提供するホストには、地中海風レストラン、和風個室、アートギャラリーカフェ、日本庭園を見渡せる神社など、ユニークで居心地のいい場所が多い。

スペースのダウンタイムを活用していることから、1時間300円からと料金が低廉で使いやすい。ユーザが支払う料金のうち30%を手数料として Daysk が徴収、残りはホストの収入となる。将来は、スペースでの仕事終了後に、ユーザに応じてオフタイムのアクティビティを提案する計画だ。


Open Network Lab プログラムディレクターの佐藤直紀氏によれば、今回の第19期の修了を受け、Open Network Lab は通算で110組のスタートアップを輩出したことになる。また、前回第18期までの輩出スタートアップの、次期資金調達達成率は57.9%、イグジット率は13.7%に達しているとのことだ。

第19期デモデイの開催とともに、第20期への応募受付が開始された。第20期への申込締切は、11月22日の正午となっている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------