Apple、9月15日のイベントは「Apple WatchとiPadがメイン」と発表(更新済)

SHARE:
Image Credit: Apple

今年のiPhoneのローンチは数週間遅れそうだが、Appleは今月中に毎年恒例の秋のイベントを行う予定だ。同社は9月8日、メディアイベントを9月15日に開催することを発表した。これは例年のiPhoneおよびApple Watchの発売日から約1週間遅く、新デバイスの発売は10月になると見込まれている。しかし、このイベントにはiPhoneの新機種は盛り込まれておらず、Apple WatchとiPadの新モデルをフィーチャーしたイベントになりそうだ。

同社の世界開発者会議、WWDC20と同じく、このイベントは対面ではなくバーチャルで開催され、全世界にライブ配信される。Apple.comでの配信のスタートは太平洋時間午前10時(日本時間9月16日午前2時)で、ブラウザやiOSのTVアプリ、tvOSデバイスで視聴することができる。

センサーとバッテリーが向上したApple Watch Series 6はこのイベントで披露されると期待されている。一方iPad Airはデザインが一新されるようだ。一説にはApple Watch Series 3からSeries 5への交換も発表するらしい。ただし心電図機能は搭載されない。不確定だがApple TV 4K+や、Apple Silicon搭載のMac、あるいは紛失防止トラッカーの「AirTag」からヘッドホンの「AirPods Studio」まで多くのアクセサリ類も発表されるかもしれない。

中には10月のイベントまで保留になる製品や、年内には発売されないものもありそうだ。iPhone 12シリーズは主力サイズ2機種と上位2機種の計4機種が9月のイベントで発表されると見られていた。差別化のポイントはカメラ、ボディの素材、高速通信技術の5Gへの対応などだ。iPhoneの新機種は新型コロナウイルスの影響で生産が遅れ、販売数が限定される可能性があるが、年内には広く入手できるようになると予想されている。

同イベントではiOS、iPadOS、tvOS14、watchOS7、macOS Big Surといった6月のWWDCで正式発表されたOS群の発売日も発表されるだろう。昨年のイベントでは、Appleは結果的に数週間遅れてしまったmacOS Catalinaを除き、すべてのOSについて確定リリース日を発表している。

VentureBeatはイベントのライブ配信を視聴し、Appleからの主要な発表をすべて確かめるつもりだ。

太平洋時間9月8日8時50分更新:このイベントの焦点がiPhoneではなくApple WatchとiPadであると予想される点を更新した。上のロゴはAppleのイベント特設サイトに掲載されていたもの。同社は後に、WatchとiPad Airを暗示する「Time Flies(光陰矢の如し)」というキャッチフレーズを発表した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】