クラウド受付のRECEPTIONIST、グローバル・ブレインが出資

SHARE:

クラウド受付サービスのRECEPTIONISTは19日、第三者割当増資の実施を伝えている。引受先になったのはグローバル・ブレインで調達額や払込日、株価などの詳細は非公開。2017年のサービスリリースから約4年で導入した社数は4000社、年間120万人が利用するとしている。

今年には提供する日程調整ツール「調整アポ」の機能を拡張し、受付や会議の日程調整もできるようにしたほか、会議室管理システム「RECEPTIONIST For Space」にウェブ会議のスペースを管理を対応させた。これにより日程調整から会議室の予約、来客受付、会議室管理までをワンストップで効率化できるようになっている。

今回調達した資金はRECEPTIONIST、調整アポ、RECEPTIONIST For Spaceの3サービスの機能開発に投じられる予定。また同社はベンチャーキャピタル9社と連携し、支援先のスタートアップに対してサービスの導入が半年間無料で実施できるプランの発表もしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録