韓国版「smartround」「FUNDBOARD」のQuotabook、Cartaらから500万米ドルを調達し東南アジアに進出へ

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


韓国の株式・ファンド管理プラットフォーム「Quotabook(쿼타북)」は、Elefund、Draper Associates、Goodwater Capital、およびアメリカの株式管理プラットフォーム「Carta」の投資部門 Carta Ventures から500万米ドルを資金調達したと発表した。同社の声明によると、今回の資金調達に先立ち、Quotabook は20社以上の現地のベンチャーキャピタルや銀行から支援を受けている。また、同社は Y Combinator の2021年冬バッチを卒業している。

Image credit: Quotabook

2019年に Andy Choi 氏、Dan Hong 氏、Pilseon Jun 氏の3人のベンチャーキャピタリストによって設立された Quotabook は、VC が投資ファンドやポートフォリオを単一のダッシュボードで管理できるようにする。さらに、スタートアップはこのプラットフォームを利用して、キャップテーブル、エクイティリワード、バリュエーションを簡素化することができる。また、このサービスは、企業の業績を投資家に報告する。

Quotabook 共同創業者の3人。左から:Dan Hong 氏、Pilseon Jun 氏、Andy Choi 氏
Image credit: Quotabook

Quotabook は、韓国で最初のキャップテーブル管理ソフトウェアであると主張している。

現在までに、1,000以上のキャップテーブルを導入しており、これらは累積で20億米ドルのプライベートエクイティに相当する。今回の資金調達により、同社は、ベトナム、インドネシア、マレーシア、台湾、タイ、シンガポールなど、他の国にもサービスを拡大する予定だ。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録