中国・江蘇省、刑務所管理にブロックチェーン活用など——中国ブロックチェーン界週間振り返り(12月8日〜12月14日)

SHARE:
CC0 Public Domain

中国のある省は、ブロックチェーン技術を利用して21の地方刑務所を管理している。浙江省は、仮想通貨マイニング活動をチェックするために20の国有企業を無作為に選択した。雲南省のエネルギー局は、マイニングの取り締まりについて任務を完了したと発表した。

刑務所管理にブロックチェーン

  • 中国メディアは12月10日、江蘇省東部の21の刑務所が、司法部(日本の法務省に相当)の「スマート刑務所(智慧監獄)」の審査に無事合格したと報じた。同システムは、ブロックチェーン技術を刑務所の管理に活用する国内初の試みだ。同省では、省内の刑務所を管理する統合オンラインプラットフォームを立ち上げ、800以上の機能と1,200以上の手続きを取り入れ、囚人の評価、行政上の賞罰、刑の減免、仮釈放などを効率化することを目指している。新華社

マイニング取り締まりの経過報告

  • 浙江省東部の当局は、管轄内の国有企業の仮想通貨マイニング活動を抜き打ち検査するための検査グループを結成した。浙江省の規律検査委員会(紀律検査委員会)とサイバースペース管理局(網絡安全和信息化委員会弁公室)のスタッフで構成されるこのグループは、国有企業20社と36のIPアドレスを事前通知無しに調査した。調査の結果、多くの企業が公的資源を利用して仮想通貨のマイニングや取引を行っており、中国の法規に違反していることが判明した。この担当者は、関係企業の数字を明らかにしていない。科創板
  • 南西部にある雲南省のエネルギー局(能源局)は、違法なビットコインのマイニングにエネルギーを提供する水力発電所をすべて停止したと発表した。同省では、3回にわたる調査の結果、9月の時点で246の中小水力発電所がマイニング企業に電力を供給していることが判明した。同局によると、マイニング会社への電力供給はすべて停止され、マイニングマシンや工場はほとんど解体されたという。同局によると、このクリーンアップキャンペーンにより、年間約20億キロワット時の電力が節約できたという。界面

仮想ウォレット詐欺

  • 中国のサイバーセキュリティ企業 Qihoo 360(奇虎 360)は、仮想資産詐欺で人々がお金を失うことを防ぐために、「仮想ウォレット詐欺モデル」をブロックするされるソフトウェアをローンチした。このソフトウェアは、偽の仮想ウォレットの Web サイトや偽の仮想通貨取引所など、ユーザに偽の仮想ウォレットをインストールするよう誘導する活動やプラットフォームをブロックするものだ。猪雲

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録