RevComm:音声解析AI電話クラウド「MiiTel」運営【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

RevComm

<事業内容>

RevComm は、電話営業や顧客対応を可視化する IP 電話「MiiTel」を開発・提供している。MiiTel は、全文自動文字起こし・話速や被り回数、沈黙回数などを AI で評価するシステムにより、電話営業の勝ちパターンを定量化し、電話営業の成果を飛躍的に向上させることができる。トーク内容を抜粋・共有することで教育工数の大幅削減や円滑な社内コミュニケーションなども見込める。

<推薦者>  奈良勇輝さん(ディープコア)、村岡和彦さん(WiL)、KDDI Open Innovation Fund

<推薦者コメント(ディープコア 奈良勇輝さん)>

コロナ禍によるワーキングスタイルの変化により、企業の営業活動におけるフィールドセールスやインサイドセールス等の営業組織の在り方が急速に変化しました。その大きな変化の中で、企業は顧客との会話の内容からインサイトを得て、迅速に営業活動にフィードバックしていくことが一層求められるようになっており、ここに Miitel の役割・強みがあると感じています。出資させていただいて以降、AI 音声認識領域の技術開発も着々と進んでおり、今後の成長を期待しています。

<推薦者コメント(WiL 村岡和彦さん) >

Saas ベンチャーの Revcomm は、電話営業や顧客対応を可視化するIP電話「MiiTel」を開発・提供。今、急速に成長しているホリゾンタル SaaS です。

MiiTel は全文自動文字起こし・話速や被り回数、沈黙回数などをAIで評価するシステムにより、電話営業の勝ちパターンを定量化することで、電話営業の成果を飛躍的に向上させることが可能となり、累計導入社数約1,100社と大企業を中心に多数ご利用いただいています。

會田 CEO は三菱商事の出身で、主に海外市場での販売/マーケティング施策の企画・立案・実行を経験された人物。自身の営業経験をもとに、Revcomm 創業から1年かけてプロダクトを磨き込み、非常に優秀なメンバーも続々と集まって、引き続きプロダクトの更なるアップデートをしています。

MiiTel というコミュニケーションの再発明によって、各産業にDXを起こし、1兆円企業になると期待されるベンチャーです。

<推薦者コメント(KDDI Open Innovation Fund) >

RevComm は、企業の電話営業やカスタマーサポートの顧客対応力を解析する、音声 AI 搭載の IP 電話サービスを開発しています。コロナ禍で企業の営業活動においてインサイドセールスが主流となりつつあり、今後ますます求められる技術であることに加え、既に1000社以上の大手企業が導入した実績も持っていることから、AI による人々の働き方変革に大きく寄与している代表的な存在です。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録