ビットコインマイニングのFuel Hash、Headline AsiaやTHE SEEDらから3.1億円をシード調達——Web3領域に本格参入へ

SHARE:
Image credit: Fuel Hash

ビットコインマイニング事業を展開する Fuel Hash は12日、シードラウンドで3.1億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、Headline Asia、THE SEED、名前非開示のエンジェル投資家複数。

Fuel Hash は2021年3月、ユニコーンとなった仮想通貨取引所スタートアップ Quoine で代表取締役 CFO、マイニング大手 Bitfury の日本拠点代表などを務めた紺野勝弥氏により創業。とかく多大な電力消費が取り沙汰された仮想通貨マイニングだが、Fuel Hash はロシアにある水力発電をエネルギー源とするデータセンターで、自社や投資家の仮想通貨マイニングを行っている。

同社では今回調達した資金を使って、仮想通貨マイニングのためのクラウドサービス(現在は投資家がマイニングマシンを Fuel Hash に預けてホスティングしてもらう形を取っている)、dApp 開発、NFT、将来的には DAO(自律分散型組織)の設立・運営支援なども視野に入れた Web3 領域への本格参入を図りたい考えだ。

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録