THE BRIDGE

タグ Autify

テスト不足でサービス公開を失敗しないためにーー経営者が知るべきソフトウェアテスト自動化、三つの視点

今、世の中の大きな関心事に働き方改革や雇用・就活など、労働市場に関する話題があります。特に人材の不足については問題になっており、例えばパーソル総合研究所が今年3月に出したレポートによれば、10年後、2030年の日本には650万人近くの人手が足りなくなるそうです。 対策としてはこのレポートにもある通り、女性やシニア、海外の方など、これまで潜在的だった労働力を顕在化させる、というのが最もわかりやすい例…

person using laptop computer on brown wooden table
Photo by rawpixel.com on Pexels.com

今、世の中の大きな関心事に働き方改革や雇用・就活など、労働市場に関する話題があります。特に人材の不足については問題になっており、例えばパーソル総合研究所が今年3月に出したレポートによれば、10年後、2030年の日本には650万人近くの人手が足りなくなるそうです。

対策としてはこのレポートにもある通り、女性やシニア、海外の方など、これまで潜在的だった労働力を顕在化させる、というのが最もわかりやすい例ですが、もう一つ、そのオルタナティブとして「業務効率化」も重要な施策として挙げられています。つまり、1人あたりの生産性をあげることで、労働力需要を下げる、という方法です。

私たちが提供しているAutifyもそのひとつです。来るべく「大労働力不足時代」に備え、ソフトウェアテストの自動化に取り組んでいます。

Screen Shot 0001-10-03 at 13.56.17.png
労働市場の未来推計 2030・出典:パーソル総合研究所

一方、ソフトウェアテストは事業者にとってその重要性や、推進の方法などに温度差があるのも事実です。実際、ここ最近もキャッシュレス推進の波から大きなインフラの開発が話題になっていましたが、十分なテストが実行できなかったのではないかな、と見受けられる事例もありました。

万が一大きな問題を抱えたままサービスを公開してしまえば経営に与える影響は甚大です。しかしそれらを検証する専門の人材を採用し、組織を自社で構築するというのはそう簡単なことではありません。多くは開発を手がけるエンジニアの方が、その延長でテストまで手がけているのではないでしょうか。

ではこういった現実的な開発の現場で、経営者としてテストを効率的かつ効果的に進めるにはどのようなポイントを押さえることが必要なのでしょうか? テストの効率化を進めるに当たって、自動化は非常に効果的な手法ですが、正しく進めないと効果があげられなかったり、形骸化することが非常に多いです。

そこで次の3つをまず検証することをお勧めします。

Screen Shot 2019-10-01 at 1.25.24 AM.png
ソフトウェアテストを成功に導くのは入念なシナリオづくり

テスト自動化、必要な3つのステップ

1. 自動テストと手動テストを切り分ける

まず、理解しなければならないのは「全てのソフトウェアテストが自動化できるわけではない」ということです。人がやった方が効率的なものもあります。例えば、動画サイトの映像や音声の確認といったテストは自動化の難易度が非常に高いため、人が確認した方が早いし手間がかかりません。

テストにはまず、実際に使われるケースを想定したシナリオを作成するのですが、自動化を始める前にまず現状のテストケースを見直して、どこまで自動化するのか切り分ける作業をしっかりと計画することが大切です。ここが曖昧だと手戻りが多く、結果的にミスや工数の膨張に繋がります。

2. 自動化の担当者を決める

テスト自動化は一度設定すればおしまい、というものではありません。例えば効果測定など別の検証に合わせて機能の修正をする場合、それに応じて都度修正やメンテナンスが必要な可能性がでてきます。この時に大切なのが「誰が自動化の責務を担うのか」という担当の明確化です。担当が自動化の取り組みを管理することで作業の形骸化を防ぎ、テスト自動化のプロジェクトそのものを効率化することが可能になります。

3. 開発のワークフローに組み込む

自動化を行っても気が向いたときに実行するだけだと、機能変更が起きた際に動かなくなり、そのまま放置して自動化が形骸化するケースが非常に多いです。これでは意味がないので、例えばリリースの前に自動的にテストが回るようにCIを組んでおいたり、毎朝や毎晩、定期実行を行うなどして日々の開発業務フローの中に組み込むことが大切です。

今、全てのサービスはソフトウェア化が進んでおり、多くの経営者にとってシステムの開発は他人事ではありません。開発競争は激化し、特にエンジニアの需給バランスは大きく崩れている状況です。このような市場環境において、少ないリソースで最大限の効果をあげることは経営者として求められる力なのではないでしょうか。

本稿は人工知能でソフトウェアテストを自動化するプラットフォーム「Autify」創業者の近澤良氏による寄稿。Twitterアカウントは@chikathreesix、自動化のコストメリットなど興味ある方はデモリクエストされたい

----------[AD]----------

AIでソフトウェアテストを自動化する「Autify」が250万ドル調達ーー世界のテストエンジニア不足問題を解決する

SHARE:

10月2日、AIを用いたソフトウェアテスト自動化プラットフォーム「Autify」がシードラウンドにて250万ドルの資金調達を発表した。引受先となったのはグローバル・ブレイン、セールスフォースベンチャーズ、アーキタイプベンチャーズ、その他個人投資家複数名。 今回の調達で累計の資金調達額は307万ドルに到達。3月からクローズドβ版としていたAutifyの公式ローンチも発表された。 Autifyは201…

10月2日、AIを用いたソフトウェアテスト自動化プラットフォーム「Autify」がシードラウンドにて250万ドルの資金調達を発表した。引受先となったのはグローバル・ブレイン、セールスフォースベンチャーズ、アーキタイプベンチャーズ、その他個人投資家複数名。

今回の調達で累計の資金調達額は307万ドルに到達。3月からクローズドβ版としていたAutifyの公式ローンチも発表された。

Autifyは2019年2月、米国アクセラレータ「Alchemist Accelerator」のプログラムを日本人チームとして初めて卒業したスタートアップ。以来、150超のデモリクエストを獲得し、現在の公式リリースに至る。調達した資金はプロダクト開発体制・販売体制の強化、グローバル市場の開拓に活用する予定とのことだ。

<参考記事>

Autifyが解決する市場課題はエンジニア人材の不足に伴う、ソフトウェア検証作業の不備だ。同社によると、グローバルでは既に92%が高速で開発サイクルを回す考え「アジャイル開発」を採用しており、そのうち71%が週1回以上のリリースを希望しているという。

一方、人力で検証作業を行なっていてはチームが求める開発スピードに一切追いつかない。たとえばスタートアップでは多少の機能不備があったとしてもアップデートをかけてしまう。しかし大手企業のサービスとなるとそうはいかない。

ユーザーからのバグ指摘は製品のみならず、企業ブランドにも直接影響を及ぼしかねない。複数のサービスを立ち上げている大企業にとって、関連サービスの評価にも影を落とす可能性もある。

そこでAutifyが登場する。プログラムコードを書くことなく、ウェブアプリケーションの検証作業が自動化を可能とし、非エンジニアでも手軽にテスト自動化ができる。

また、AIがアプリケーションコードの変更を監視し、自動で検証シナリオの修正を行うため、メンテナンスコストを大きく下げられる点も大きな特徴の1つ。従来、検証作業のための自動化コードを仕込んでいても仕様がすぐに変更されてしまうという事案の課題解決も目指す。

さて、現在は日本企業向けにサービスの拡大をしているが今後は海外進出を本格化させる予定だという。そこで欧米の市場状況にも軽く触れておきたい。

ソフトウェアテスト市場には一定の需要が発生していることは他社の資金調達状況からも明らかだ。8月には直接競合になり得るSpotQA」が325万ドルを調達している。少しアプローチは違うが、コードレビューを自動化するDeepCode」は400万ドルを調達。いづれもAutifyとほぼ同額の調達をしていることから資金力は拮抗していると言えるだろう。

昨年には機械学習を使ったソフトウェアテストを行うMabl」が1,000万ドル調達。2012年のYCombinatorプログラムを卒業したテスターをクラウドソーシングで集める外注サービスRainforest QA」は2,500万ドルもの調達に成功している。

競合スタートアップの資金調達の動きを見ると、Autifyの成長余地および市場需要は大いに残されていると思われる。3-4年以内に欧米基準のシリーズA・Bに達することも見えてくるかもしれない。そこで代表の近澤 良氏にAutifyの競合優位性と海外市場攻略のための長期戦略を最後に聞いた。

近年、アジャイル開発の浸透によりソフトウェアテストの自動化が大きな注目を浴び、急速に市場が拡大しています。グローバル規模でのテスト市場はIT市場の1/3をも占める約120兆円の超巨大市場に成長。向こう5年程でおよそ1/10が自動化市場になると予測されています。

一方、市場に存在する製品はエンジニアでないと使いこなせないような、専門的な知識を必要とするものがほとんどです。多くの企業はエンジニア不足に頭を悩ませており、非エンジニアにも自動化をスケールできるソリューションを求めている需要に応えきれていません。

そこでAutifyはコーディング不要で誰でもアカウントさえあれば、簡単にクロスブラウザのテストが自動化できる製品を開発しました。どんな人でも扱える手軽さをグローバル市場展開するための大きな差別化ポイントとし、今後拡大する市場需要に最適な形で応えていきます。

----------[AD]----------

「テストエンジニア採用は不要」——日本人初、AIを活用したソフトウェア自動テストツール「Autify」が米国アクセラレータ「Alchemist Accelerator」プログラム卒業を発表

SHARE:

サンフランシスコを拠点とするソフトウェアテストの自動化AIサービス「Autify」が1月24日、米国著名アクセラレータ「Alchemist Accelerator」のプログラム卒業を発表した。 Autifyは2016年に日本人起業家の近澤 良氏が創業したスタートアップ。利用企業は同社ツールを導入することでソフトウェアテストの自動化を図れる。Autifyのブラウザ拡張機能を用いてマニュアルテストの操…

壇上に立つのはAutify創業者の近澤 良氏

サンフランシスコを拠点とするソフトウェアテストの自動化AIサービス「Autify」が1月24日、米国著名アクセラレータ「Alchemist Accelerator」のプログラム卒業を発表した。

Autifyは2016年に日本人起業家の近澤 良氏が創業したスタートアップ。利用企業は同社ツールを導入することでソフトウェアテストの自動化を図れる。Autifyのブラウザ拡張機能を用いてマニュアルテストの操作を記録し、クラウド上で再生することで誰でもソフトウェアテストの自動化を可能にする。AIがソフトウェアの変更を監視し、影響のあるテストスクリプトを自動的に修復することでメンテナンスコストを大きく下げる仕組みだ。

企業の73%が未だマニュアル作業でソフトウェアの品質保証を行っているという。加えて、ソフトウェアテスト向けのオープンソースサービスは多く市場に登場しているが、各ツールの知見を持つテストエンジニアの数が少なく、採用が困難なのが現状だ。実に1/3のIT予算がテストに費やされており市場規模は12.2億1.22兆ドルに及ぶとのこと。

一方、90%以上の企業がアジャイル手法を率先して取り入れ、70%超が1週間に1度は自社ソフトウェアをアップデートしてリリースしたいといった需要を持つという。

Autifyが目を付けたのはまさにこうした旧態依然としたテスト環境と、いち早くユーザーのニーズに対応したい開発企業が抱える潜在ニーズとのギャップである。

サービス開始前にも関わらず、既に複数社との契約の締結に至っており、契約額は合計4.1万ドルに上る。年内に75万ドルの売り上げを達成する見込み。

近澤氏はDeNAでソフトウェアエンジニア、楽天に買収された動画ストリーミング配信サービス「Viki」でプロダクトエンジニアを務めた経験を持つ。この点、Autifyは同氏の長年の経験を基に生まれたアイデアとも言えるだろう。

これまでエンジニアとしてソフトウェア開発をしていく中で、ソフトウェアテストで多くの課題を抱えていることに気付きました。

たとえば検証時間が限られているためテスト範囲を絞った結果、テスト範囲外の箇所から致命的なバグが発生して大きな損失を出した経験もあります。また、自動化を行うためにテストコードも書きましたが、肝心の製品開発の時間が奪われてしまう事態にも陥りました。

そこで思い浮かんだのがAutifyです。誰もがテストを簡単に自動化し、リリースサイクルを早めることで、導入企業の製品開発の競争力を高めることに貢献したいと考えています。

Alchemist AcceleratorはB2B及びB2BC領域のスタートアップ育成に特化したアクセラレータ。

Y Combinatorや500Startupsに代表される他社アクレータは3か月をプログラム基本期間と据え置いているが、Alechmiest Acceleratorの場合は比較的長い6か月に渡り起業家をサポートするのが特徴。各プログラムに参加できるのは厳選された25社。参加と同時に3.6万ドルの投資が実施される。

今回、日本人起業家が創業したスタートアップではAutifyが初めて採用された。直近では合計30万ドルの営業案件クローズを目指す。2020年までに年間収益260万ドル達成が目標であるという。

追記: 市場規模の数値は12.2億ドルではなく正しくは1.22兆ドルであったため修正

----------[AD]----------