ノーコードでテスト自動化「Autify」、WiLリードのシリーズAで1,000万米ドルを調達

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


日本に拠点を置く、ノーコードで AI を活用したソフトウェアテスト自動化プラットフォームを提供する Autify は、WiL(World Innovation Lab)がリードしたシリーズ A ラウンドで1,000万米ドルを調達した。

今回の資金調達では、Uncorrelated Ventures と個人投資家の Jonathan Siegel 氏が、既存投資家の Archetype Ventures、Salesforce Ventures、Tably に加わった。

Autify のコアメンバー。左から:CTO 松浦隼人氏、CEO/共同創業者 近澤良氏、COO 清水隆之氏。
Image credit: Autify

2019年に発表された Autify は、コーディング経験の無いユーザーがソフトウェアのテストシナリオを作成、実行、自動化することを支援するウェブアプリケーションだ。 このプラットフォームは、すでに日本および世界の B2C / B2B SaaS 企業300社に導入されているという。今回の資金調達は、グローバル展開とモバイル版開発のためのものだ。

Autify 共同創業者兼 CEOの近澤良氏は次のように述べている。

世界の75%の企業がソフトウェア開発のテストを手作業で行っている中、オーティファイは、自動テストのためのコード不要のアプリケーションを提供することで、1兆3,000億ドル規模の世界のテスト市場をディスラプトしたいと考えている。

このアプリケーションは、製品の品質に影響を与えることなく、テスト業界の労働力不足、メンテナンスコスト、技術的困難を解決する。

Autify は2019年10月、シードラウンドで250万米ドルを調達した。最近では、Salesforcemediba のテストサポートを確立している。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録