BRIDGE

タグ Crowdo/Crowdonomic

日本のクラウドクレジット、東南アジアのCROWDOがタッグ——プラットフォーム連携で、インドネシアの中小企業を支援するファンドを展開

SHARE:

新興国向けソーシャルレンディング・プラットフォーム「クラウドクレジット」を運営するクラウドクレジットと、東南アジアを中心に中小企業向けの P2P レンディングによる資金調達プラットフォーム「CROWDO」を運営する CROWDO は、相互に提携することを発表した。両社はこれを受けて、26日から「インドネシア中小企業支援ファンド」の販売を開始する。募集金額は1,000万円で、最低投資金額は10,00…

crowdcredit-crowdo

新興国向けソーシャルレンディング・プラットフォーム「クラウドクレジット」を運営するクラウドクレジットと、東南アジアを中心に中小企業向けの P2P レンディングによる資金調達プラットフォーム「CROWDO」を運営する CROWDO は、相互に提携することを発表した。両社はこれを受けて、26日から「インドネシア中小企業支援ファンド」の販売を開始する。募集金額は1,000万円で、最低投資金額は10,000円から。期待利回りは変動型であるため定められていない。

CROWDO は、日本人起業家の Leo Shimada 氏により2012年に設立されたスタートアップだ(当初の名前は、Crowdonomic)。スタートアップや中小企業向けに、従来の間接金融に代わる資金調達手段として、P2P によるローンやエクイティベースのファイナンスサービスを提供しており、シンガポール、マレーシア、インドネシアで事業を展開している。借手候補先の財務内容や信用情報をもとに AI で自動的に初期格付を取得、事業性や信用力を確認するプロセスを経てスピーディーな与信判断を実現している。

crowdo-team
CROWD のインドネシアのチーム。最前列右が、CEO の Leo Shimada 氏
Image credit: Crowdo

一方のクラウドクレジットは、2013年に会社設立、2014年6月にサービスを開始した。これまでに13億円以上を調達しており、先月には LINE とのサービス連携や協業も視野に LINE Ventures から資金調達したことも明らかになった。2018年10月現在、クラウドクレジットの累積運用残高(出資額合計)は140億円超で、ユーザ登録数は3万人以上に達した。最近では、メキシコの女性起業家支援ファンドや、パキスタンの家庭用太陽光向けファンドなど、用途を明確にした「社会インパクト投資」の資金募集仲介が増えている。

<関連記事>

----------[AD]----------

シンガポール証券取引所がP2Pレンディング企業Crowdoとパートナーシップ契約、資金調達の知識を広める狙い

SHARE:

スタートアップが資金を得られるようにするため、シンガポール証券取引所(SGX)は、スタートアップ界の2つのステークホルダーとそれぞれ了解覚書(MOU)を交わした。 Crowdo との了解覚書は現代の経済の特徴を反映している。Crowdo は株式クラウドファンディングのオプションが付帯する地域規模の P2P レンディングプラットフォーム。これまでに約2,000件のプロジェクトに融資している。 Cro…

SGX
SGX via Flickr by Jonathan Choe

スタートアップが資金を得られるようにするため、シンガポール証券取引所(SGX)は、スタートアップ界の2つのステークホルダーとそれぞれ了解覚書(MOU)を交わした。

Crowdo との了解覚書は現代の経済の特徴を反映している。Crowdo は株式クラウドファンディングのオプションが付帯する地域規模の P2P レンディングプラットフォーム。これまでに約2,000件のプロジェクトに融資している。

Crowdo は本日(3月31日)シンガポールでの正式なローンチを発表したが、同国へ進出してまだ間もない新参者だ。マレーシアとインドネシアに支店を持つ。シンガポール通貨当局から正式な株式クラウドファンディングの許可を取得している。

Crowdo の共同設立者兼 CEO である Leo Shimada 氏は、声明で次のように述べている。

今回のパートナーシップは、地域内のアーリーステージおよびプレ IPO を対象とした資金調達プラットフォーム Crowdo と、競争力のある公設市場のソリューション SGX との強力なコンビネーションを創出するものです。

一方の SGX 側の思惑としては、これらの合意により、企業が資本にアクセスできる方法を教育するためのインフラの整備が期待できる。

最終目標は、資金調達を行う上でより効率的な方法を確立することだ。

<関連記事>

PwC Venture Hub との了解覚書

PwC Venture Hub は、スタートアップエコシステムの人々をつなぐプログラムで、業界内でのコラボレーション促進を目的としている。

同社は専門的なサービスを国際的に展開しており、Venture Hub を起業家や投資家がパートナーシップを築くためのワンストップサービスと位置付けている。

SGX との了解覚書では、シンガポールをスタートアップの魅力的な拠点として PR し、(シンガポールをハブとした)アジアでのビジネスチャンスについて世界中の企業に周知することが期待されている。両者はエコシステム内で話し合いの場を設けたり、ソートリーダーシップ(新しい理念を提示して影響力を高める手法)の展開を計画している。

SGX でベンチャーキャピタル市場(中小企業)部門と資本市場部門のリーダーを務める Mohamed Nasser Ismail 氏は、声明で次のように述べた。

マーケットオペレーターとして、私たちの確立されたインフラとネットワークがアーリーステージにある企業の資金調達を支援し、資本にアクセスしやすくなると確信しています。

今後もアーリーステージの企業が専門知識と成長資本を容易に手にできるよう、同じ考えを持ったステークホルダーとの協力を続けていく予定です。

PwC Singapore のフィンテック部門と金融サービス部門のリーダーである Antony Eldridge 氏は、同社をシンガポールのスタートアップシーンの一社と位置付けている。彼は、シンガポールが「国際的なイノベーションハブとなるにふさわしい位置まで来ている」としており、今回のような覚書はエコシステムの成長を促進する上で好ましいと述べた。

補足として、これらの覚書はどちらもスタートアップのみならず、中小企業も対象となっている。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------

シンガポールのCrowdonomicがWWFの環境保護プロジェクトと提携、クラウドファンディング・サイトをローンチ

SHARE:

シンガポールを拠点とするクラウドファンディング・スタートアップ Crowdonomic は27日、WWF(世界野生生物基金)による環境保護プロジェクト Earth Hour と提携し、環境保護活動プロジェクト「Earth Hour Blue」向けのクラウドファンディング・サイトをローンチしたと発表した。 Earth Hour はシンガポールを中心に活動しており、現在、154カ国・地域の7,000都…

earthhourblue_screenshot

シンガポールを拠点とするクラウドファンディング・スタートアップ Crowdonomic は27日、WWF(世界野生生物基金)による環境保護プロジェクト Earth Hour と提携し、環境保護活動プロジェクト「Earth Hour Blue」向けのクラウドファンディング・サイトをローンチしたと発表した。

Earth Hour はシンガポールを中心に活動しており、現在、154カ国・地域の7,000都市で、同じ日の同じ時間に電気を消すアクションを通じて、「地球の環境を守りたい」という思いをわかちあうイベントを展開している。特に本部のあるシンガポールでは、冷房設定温度を1℃上げる、照明をLEDにする、ビニール袋を使わないようにする、などの活動へのクラウドソーシングに、WWF シンガポールが中心となって注力している。

サイトのローンチを受けて、Crowdonomic の 共同創業者兼CEO Leo Shimada は次のように語っている。

Earth Hour Blue は、クラウドファンディングと、世界によい影響を与えるクラウドソーシングを結びつける、世界初のオンライン・プラットフォームだ。我々 Crowdonomic は Earth Hour Blue の戦略パートナーになった。 我々は、営利企業から社会団体まで、彼らが戦略的な目標を達成するために、クラウドの力を最大限に活用できるようサポートしている。

Crowdnomic は2013年2月、McKinsey や INSEAD での経歴を持つ Leo Shimada と、INSEAD で MBA を取得し Standard Chartered Bank でトレーダー経験を持つ Nicola Castelnuovo によって、スタートアップ向けの資金調達支援を目的としてローンチした。現在、Recruit Strategic Partners とは、500startupsArdent Capital らと共に Investment Partners の関係にある。

映画「スパイダーマン2」が Earth Hour Blue のプロモーションを支援しており、以下は主演の Andrew Garfield による Earth Hour Blue の紹介ビデオである。

----------[AD]----------

シンガポール最新のクラウドファンディングサイト「Crowdonomic」がスタートアップの資金調達支援を目指す

SHARE:

【原文】 シンガポールにまた新たなクラウドファンディングサイトが誕生した。同サービスはスタートアップの成功を支援することを目指している。シンガポールに拠点を置くCrowdonomicは先日正式にローンチし、6社がそれぞれ3万シンガポールドル(2万4000米ドル)の資金調達を目指すプロジェクトを掲載して、サービスが開始された。 プロジェクトを掲載した6社はシンガポールのスタートアップエコシステムでは…

【原文】

crowdonomic-5901

シンガポールにまた新たなクラウドファンディングサイトが誕生した。同サービスはスタートアップの成功を支援することを目指している。シンガポールに拠点を置くCrowdonomicは先日正式にローンチし、6社がそれぞれ3万シンガポールドル(2万4000米ドル)の資金調達を目指すプロジェクトを掲載して、サービスが開始された。

プロジェクトを掲載した6社はシンガポールのスタートアップエコシステムではお馴染みのチームだ。例えば、ピアツーピアの仕事マーケットプレイス「FlagAHero」、車のレンタルサービスプラットフォーム「iCarsClub」、そして家族の交流を助長するソフトを開発をする「QualityTime Lab」などだ。Crowdonomicは将来的にアジア全域にサービスを拡大することを目指している。

目標金額が固定されている一方で、資金調達者はその目標が達成されなくても集めたお金を手にすることができる。その他のクラウドファンディングサイトと同様に、資金調達者は一定額のお金を支援した人には何らかのお礼をしなくてはならない。同サービスは、最終的に集まった金額をもとに9.5%の管理費を利用者に請求するが、目標額が達成された場合には、管理費が6.5%となる。

Crowdonomicは、アジアのクラウドファンディング業界を充実させようとする数多くの同様のプラットフォームの1つだ。インドネシアや日本、そして、それほどではないにしてもその他の国々では数多くの資金調達キャンペーンが成功しているが、これらの資金調達の金額は一般的に米ドルで5桁ほどの規模だ。

だから、Crowdonomicがエンジェル投資家やVC企業から資金を調達した(詳細はあまり明らかにされていない)とは言え、その資金の活用には慎重になる必要があるだろう。というのも、同社が新しい形の資金調達において市場を育成しようとしているからだ。アジアにおけるクラウドファンディングがアメリカのように膨大な規模にまで達するかどうかを示すものは全くない。

アジアにおけるクラウドファンディングの状況をざっと見ると、すでにプラットフォームがありすぎることに気付くだろう。おそらく、同市場はこれらすべてのサービスを維持できるほどには成長するかもしれないが、それでも、アジアのクラウドファンディングサービスは、同地域でトラクションを獲得しているグローバルサービスのIndiegogoと競争しなければならなくなるだろう。Indiegogoは、すでにインディーカフェのThe Pigeonholeや、ISGlovesInnove Technologyなど数社のシンガポールスタートアップの資金調達に活用されている。

今、東南アジアのスタートアップにシード投資がそんなに必要なのかと私は不思議に思う。アジア全域において、本当に欠けているものはベンチャーキャピタルのように思える。おそらく、クラウドファンディングプラットフォームはそのニーズにも応えることができるだろうが、それはマスマーケットの認識と革新的なアイディアが必要最低限あればの話だ。

【via SGE.io】 @SGEio

----------[AD]----------