シンガポールのCrowdonomicがWWFの環境保護プロジェクトと提携、クラウドファンディング・サイトをローンチ

SHARE:

earthhourblue_screenshot

シンガポールを拠点とするクラウドファンディング・スタートアップ Crowdonomic は27日、WWF(世界野生生物基金)による環境保護プロジェクト Earth Hour と提携し、環境保護活動プロジェクト「Earth Hour Blue」向けのクラウドファンディング・サイトをローンチしたと発表した。

Earth Hour はシンガポールを中心に活動しており、現在、154カ国・地域の7,000都市で、同じ日の同じ時間に電気を消すアクションを通じて、「地球の環境を守りたい」という思いをわかちあうイベントを展開している。特に本部のあるシンガポールでは、冷房設定温度を1℃上げる、照明をLEDにする、ビニール袋を使わないようにする、などの活動へのクラウドソーシングに、WWF シンガポールが中心となって注力している。

サイトのローンチを受けて、Crowdonomic の 共同創業者兼CEO Leo Shimada は次のように語っている。

Earth Hour Blue は、クラウドファンディングと、世界によい影響を与えるクラウドソーシングを結びつける、世界初のオンライン・プラットフォームだ。我々 Crowdonomic は Earth Hour Blue の戦略パートナーになった。 我々は、営利企業から社会団体まで、彼らが戦略的な目標を達成するために、クラウドの力を最大限に活用できるようサポートしている。

Crowdnomic は2013年2月、McKinsey や INSEAD での経歴を持つ Leo Shimada と、INSEAD で MBA を取得し Standard Chartered Bank でトレーダー経験を持つ Nicola Castelnuovo によって、スタートアップ向けの資金調達支援を目的としてローンチした。現在、Recruit Strategic Partners とは、500startupsArdent Capital らと共に Investment Partners の関係にある。

映画「スパイダーマン2」が Earth Hour Blue のプロモーションを支援しており、以下は主演の Andrew Garfield による Earth Hour Blue の紹介ビデオである。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録