今月紹介の注目スタートアップ4社の顔ぶれ【Monthly Pitch!注目スタートアップ】

SHARE:

本稿はベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルが運営するサイトに掲載された記事からの転載

Monthly Pitch!注目スタートアップではMonthly Pitch編集部と協力し、毎月開催されるピッチ登壇社から特に注目のスタートアップを毎週ご紹介していきます。

今月お届けする4社は次の通りです。

  • 安心・安全なペットフードから総合ペットブランドを目指す「PETOKOTO」
  • アフリカで中古車に特化した BNPL サービス運営 HAKKI AFRICA
  • 物流ラストワンマイル効率化の207
  • 離乳食・幼児食のD2Cを展開する MiL

毎週公開される記事では、各社の創業者・代表自ら渾身の思いで熱弁を奮ったピッチの模様を、Monthly Pitch 編集部の注目ポイントとあわせて、紙上ライブ中継します。お楽しみに。

また、毎月第2水曜日に開催される Monthly Pitch へのピッチ登壇、オーディエンス参加を希望される方は、こちらからどうぞ。

安心・安全なペットフードから総合ペットブランドを目指す「PETOKOTO」

サービス概要:PETOKOTO は、保護犬猫マッチングサイトの「OMUSUBI」、情報の場としてペットライフメディア「PETOKOTO」、食事の場として「PETOKOTO FOODS」を運営。売上の主力である PETOKOTO FOOD は、フレッシュドッグフード、つまり、市販のドライのドッグフードとは異なり、新鮮な生の状態の食材が使われているのが特徴だ。PETOKOTO では、ペットのゆりかごから墓場までをサービスできる体制を目指し、PETOKOTO ID をコアにサービスを拡充し、事業の拡大を目指す。

Monthly Pitch編集部はココに注目:PETOKOTO 代表の大久保泰介さんは、イギリスで人々が犬や猫と暮らす生活を目の当たりにして動物への愛着が増すも、ペットの殺処分が年間数万件に及ぶ日本の現実を知り事業を立ち上げました。足がやや内股だった理由で保護施設で引き取り手を待っていたコーギー犬をペットに迎え、「人と動物が共に暮らせる社会を作りたい」思いを自身の生活の中でも実践しておられます。

アフリカで中古車に特化した BNPL サービス運営 HAKKI AFRICA

サービス概要:アフリカでは金融サービスが未発達であるため、無担保ローンを借りるのが非常に難しい。特に労働環境が過酷であるにも関わらず報われていないのはタクシードライバーだ。HAKKI AFRICA は、アフリカの中古車に特化した BNPL サービス「HAKKI」を開発・提供。電子マネー(M-PESA)の利用履歴から、多重債務を減点、タクシー売上の週ベースの安定性を加点評価し、タクシードライバーの信用評価からローン審査を実施、車を購入できる機会を提供する。

Monthly Pitch編集部はココに注目:HAKKI AFRICA 代表の小林嶺司さんはシリアルアントレプレナーで、大学在学中の2012年に渋谷でインテリアのEC事業で起業し売却、2013年から始めたコミュニティ事業を2017年に業界大手へイグジットし、翌年単身アフリカへ渡りました。テクノロジーと金融が実現するマイクロファイナンスの新興国での可能性に賭け、2027年までにアフリカで銀行を買収することを公言されています。

物流ラストワンマイル効率化の207

サービス概要:慢性的な人手不足の状態にあるという運送業界。特にこれまでのテクノロジーで解決しにくい、ラストワンマイルの部分を技術とアイデアで効率化・省力化しようというのが207 です。物流・配送利用者向けに再配達問題を解決する「TODOCU」、配達員向け配送効率化アプリ「TODOCU サポーター」、人々の空き時間を利用して荷物を配達するシェアリング型宅配サービスの「スキマ便」、物流・配送事業者向けの配送管理システム「TODOCU クラウド」を展開されています。

Monthly Pitch編集部はココに注目:207 代表取締役の高柳慎也さんは、元アドウェイズ・インドネシアの高野勇斗さんらと共に Chapter8 の創業に関わり、越境 EC、訪日インバウンド向けアプリ、民泊関連サービスなどを開発し事業売却した経験を持つシリアルアントレプレナー。2015年にサマリーポケットに入社、物流が持つ課題や可能性に気づきを得た高柳さんは2018年、 207 を起業しました。物流組合に加入し、自らも配達人となってプロトタイプを試すなど、現場での知見獲得に熱心な行動者です。

離乳食・幼児食のD2Cを展開する MiL

サービス概要:乳幼児期は食習慣のベースとなる大切な時期ですが、どのような食べ物を与えれば良いのかなど、親たちは多くの悩みを持ちます。MiL では子育てライフスタイルブランド「the kindest」のもと、乳幼児の食に関する課題を解決するベビーフード・離乳食・幼児食を  D2C で展開しています。小児科医・管理栄養士・フレンチシェフらと共同開発し、乳幼児期の栄養バランスの設計から食材の選定・調理法にこだわった商品を開発しています。

Monthly Pitch編集部はココに注目:代表取締役の杉岡侑也さんは、フィンテックベンチャーへの就職を経て、これまでにHR・教育系スタートアップ を2度創業しているシリアルアントレプレナーです。MiLは、保育士資格、介護福祉士、食育アドバイザーなどの多彩な資格を持つ奥さんや、三つ星レストランで修行を積んだシェフらと共に創業しました。MiL には、為末大さんをはじめ、多くの著名人が出資しているのも注目を集める一因となっています。

毎週公開される記事では、各社の創業者・代表自ら渾身の思いで熱弁を奮ったピッチの模様を、Monthly Pitch 編集部の注目ポイントとあわせて、紙上ライブ中継します。お楽しみに。

また、毎月第2水曜日に開催される Monthly Pitch へのピッチ登壇、オーディエンス参加を希望される方は、下のボタンからどうぞ。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録