士業特化「最速転職HUPRO」運営、藤田ファンドから3億円をシリーズB調達——ダイレクトリクルーティング参入へ

SHARE:
Image credit: Hupro

会計士、税理士、社会保険労務士、司法書士、行政書士など士業に特化した転職サービス「最速転職 HUPRO(以下、HUPRO と略す)」を運営するヒュープロは9日、シリーズ B ラウンドで、サイバーエージェント(東証:4751)における若手経営者の応援を目的とした投資活動(通称「藤田ファンド」)から約3億円を調達した。同社が公表している限りでは、2019年1月のプレシリーズ A ラウンドに続くものだ。今回の調達を受けての累積調達額は7億円。

ヒュープロは2015年11月の創業。創業者で代表取締役の山本玲奈氏は、幼少期から18年間に渡り海外で生活。当初、弁護士を目指していたが、その予備校の授業料を確保するために、賞金を獲得すべくビジネスコンテストに応募。このコンテストを通じて、ある上場企業の子会社の立ち上げを経験、起業の楽しさを体感しヒュープロの創業に至った。これまでにのべ2万人超、5,500社が HUPRO を利用しており、求人数は9,300件以上(2022年11月現在)。

ヒュープロでは今回調達した資金を「HUPRO」の新機能開発に投資する。また、HUPRO に蓄積されているデータベースを企業に開放することで、企業が求職者へ自らアプローチできるダイレクトリクルーティング事業を構築する。近年、ダイレクトリクルーティングは職種別サービスが増えつつあり、管理部門や士業に特化した転職サービスを展開する MS-Japan(東証:6539)は、2020年に「MS Career(旧称 MS Jobs)」をローンチしている。

<関連記事>

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録