人材集めに数億米ドル拠出か——イーロン・マスク氏、AIビジネスに参戦する理由を語る

Image credit: Ed Krassenstein

Elon Musk 氏は先週、AI 分野に正式に参入すべく、xAI の設立を発表した。外野がこの新会社の突然の出現に好奇の目を向ける中、Musk 氏は Twitter Space のライブチャットで、OpenAI を競合として汎用 AI の開発で利用すること、Twitter のデータを AI の訓練に利用することも明らかにした。

160万人以上のリスナーを集めた90分のライブチャットで、Musk 氏は xAI のビジョンと野望を語り、この最もホットな分野でどのように競争していくかを共有した。

6年以内に汎用 AI の実現を目指す

Twitter の中で Musk 氏は、xAI のビジョンは人間に「本当は何が起こっているのか(What the Hell is Really being on)」を知らせることだと冗談半分に語り、「インターネットだけでなく、現実の世界を理解する必要がある」と宇宙を理解するという目標を改めて強調した。彼は、xAI が人類が宇宙への理解を深め、その謎を解明する役立つと信じていると述べた。

Musk 氏のような企業とは考え方が異なるが、AI の分野は同じかもしれない。xAI の最終的な目標は、「汎用 AI(AGI、Artificial General Intelligence)」を開発し、Microsoft、Google、OpenAIの代替となることだ。 AGI とは、人間のように知覚・思考する能力を持ち、多次元的な問題を解決できる AI 技術を指す。

AGI が誕生するまでにどれくらいの時間がかかるのだろうか? Musk 氏は、あと5〜6年程度だろうと自信満々に見積もっている。この種のスーパー AI が一夜にして突然現れることはないだろうが、現時点でも誕生する可能性は十分にある。つまり、Musk 氏は、AGI が2029年頃に登場すると予測しているのだ。

現在の視点から見て、AGI はまもなく登場するだろう。誰しも一社が AI を独占するような世界は望まないはずだ。

Musk 氏は、OpenAI との競争が AI 産業の健全な発展につながり、すべての企業が互いに誠実でいられるようになると考えている。

Musk 氏は、AI 技術が人間を破壊することを恐れ、AI の発展を常に懸念しているが、xAI が開発したモデルは政治的にあまり正しくない可能性があるとして、AI にデリケートな発言や話題を意図的に避けさせることは、かえって歪んだ回答や嘘につながると考えている。

我々の AI は、真実である限り、人々に物議を醸すような回答を与えることができると思う。

世界中の AI 企業が Twitter のデータを利用していることに不満を持つマスクは、xAI が Twitter や Tesla とどのように連携しているかについて語った。

xAI の Web サイトでは、xAI が Tesla、Twitter、その他の Musk 氏の会社と協力していることが初めて明らかにされた。Musk 氏は、「最も好奇心をそそる」AI 製品を訓練するために Twitter のデータを使用すると述べた。

Musk 氏はライブストリームで、地球上のすべての AI 企業が AI を訓練するために Twitter のデータを使っていると訴えた。

一方、Musk 氏は今回のライブストリームでも、地球上のあらゆる AI 企業がツイッターのデータでトレーニングを行っていると不満を漏らした。

これはすべてのケースで違法だ。

Musk 氏は以前にも Twitter で、AI トレーニングのためにサードパーティ企業によってデータが悪用されていると訴え、ユーザの1日の閲覧回数に上限を設けると発表したところ、Google Search での露出に影響が出たとして、大きな反発を招いた。

Twitter から公開ツイートなどからデータを抽出することは違法だとして、Twitter はすでに今月、「テキサス州の住民からデータを盗んだ」容疑でテキサス州の4つの IP を訴えた。

「宇宙を理解する」という xAI の目標については、Tesla が集めた膨大なカーオーナーが蓄積した運転データも役立つと Musk 氏は考えており、xAI も Tesla と協力して自動運転技術を開発することができ、結果として相互補完の関係になるという。

xAI の人材確保に費やしたコストは数億米ドル?

Image credit: xAI

Tesla が自動運転技術を開発する OpenAI の共同設立者としての役割(かつては会長職を務めたが、今年に入り退任)や、AIと戦う人類の能力を強化するために設立したバイオテクノロジー企業 Neuralink など、Musk 氏の AI との関わりは常に深く、AI 問題についても多くの意見を持ってきた。

xAIの誕生は、来るべきものを予感させるものだった。 今年4月、Musk 氏はメディアに対し、ChatGPT に代わる AI の構築を計画していることを明かし、「私は TruthGPT、つまり宇宙の本質を理解しようと、本物の AI を最大限に追求する計画を立てている」と語った。

しかし、新興の AI 企業として、Musk 氏のアピールとは裏腹に、主流の AI 企業と競争するのはまだ容易ではなく、「多額の資金調達」が優秀な人材を採用する鍵になるかもしれない。xAI は、発表当初からすでに Google、DeepMind、トロント大学などから10人以上の AI 人材を採用している。 Musk 氏は今回の投稿では採用について触れていないが、それに関するニュースもある。

海外メディア「Semafor」が明らかにしたところによると、一部の情報筋は、Musk 氏が xAI のストックオプションで人材を集めていると指摘しており、Musk 氏がスタッフに保証した200億米ドルの評価額から考えれば、これはストックオプション1%ごとに最大2億米ドルの給与報酬を支払うのに相当する。Musk 氏は一流の人材を確保するために多額のコストをかけたと言える。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録